産後下半身太りに陥る人5つの特徴とは?原因と解決法まで全て公開!

太ももを気にする女性 産後
LINEで送る
Pocket

こんにちは。

大阪市中央区本町で骨盤矯正、骨盤ダイエット整体院を運営しているUenishi整体院院長の上西です。

 

妊娠、出産を経験された女性の方に質問です。

✔︎上半身は細いのに、なぜか下半身だけ太い

✔︎産後からダイエットしてもなぜか脚だけ痩せない

✔︎出産してからお尻が大きくなった気がする

✔︎本当はミニスカートを履きたいけど、お尻や脚を気にしてロングスカートや、ラインの出ないフレアパンツばかり履いている

 

産後このようなお悩みをお持ちでないですか??

実はこの下半身太りでお悩みの方は意外に多いんです。

なぜ妊娠、出産後に大きく体型が変わってしまうのでしょうか?

しかし同じ女性でも、出産を繰り返しても実際に脚の細い女性もいるなかで、この違いは一体何なんでしょう?

この違いは骨盤の形にありました。

では下半身太りになりやすい人の5つの特徴とその原因、日常生活の中で下半身痩せをする方法を今からお話ししていきます。

 

なぜか脚だけ太い、下半身太り5つの特徴

妊娠・出産による骨盤の開きや歪みを放置している

下半身太りでお悩みの方で、過去に妊娠、出産を経験された方は多いのではないでしょうか?

そんな方で骨盤の開きを自覚していない方、またはなんとなく骨盤は開いているように感じるが、これといった対策は取っていない。

こんな方がとても多いんです。

骨盤は妊娠中に緩み、出産後およそ1ヶ月かけて締まっていきますが、その時に十分に締まりきらなかったりすると出産前と出産後で骨盤の形が変わってしまいます。

すなわち出産が終わった後もずっと骨盤が開いたままになってしまっているのです。

そうなれば、骨盤の開きそのものでお尻が大きくなってしまいますし、骨盤の歪みの影響で下半身の血流やリンパの流れが悪くなってしまって老廃物が流れず、脂肪がたまりやすくなって下半身太りに繋がってしまうのです。

 

お尻の筋肉が弱っている

骨盤が開いてしまうことで起こる問題の一つに、お尻の筋肉の低下があります。

お尻が平たくなってしまっているのっぺりお尻の方を見たことはありませんか?

あれは骨盤を支える臀筋群が弱まってしまって、お尻に筋肉のボリュームがなくなってしまってそのように見えてしまっています。

産後に骨盤が開くと、股関節がうまく使えずおしりの筋肉まで弱まってしまうんです。

 

抱っこする際についつい腹立ちをしてしまっている

 

出産後お子さんがまだ小さい時は抱っこする機会が多いですよね?

その抱っこする姿勢に骨盤の開きを大きくしてしまう原因が潜んでいます。

それは、多くの人が無意識にしてしまっている腹立ちです。

抱っこする時に自分の骨盤の前に赤ちゃんのお尻を引っ掛けて立つ姿勢のことですが、なんども抱っこしているうちに腕が疲れるのでそのように腹立ちをして腕の負担を減らそうとするのです。

しかしこの姿勢は、骨盤が前傾してしまいます。

骨盤が前傾すると、さらに骨盤が開くという悪循環になります。

 

歩き方が悪い

 

出産後、歩き方が悪くなったと自覚される方はほとんどいないと思います。

そこが盲点なのですが、実は骨盤の歪みで左右の股関節の位置がずれてしまうと腹筋が使えなくなってしまうのです。

そうすると歩く時に腹筋で骨盤を固定することができなくなって、骨盤ごと足を出してしまう変な歩き方になってしまって、結果的にお尻を振るような歩き方になります。

そして腹筋を使えない事で、お腹はたるみ、代わりに太ももの筋肉を必要以上に使ってしまうのです。

これがウエストにお腹が乗ってしまって太ももが異常に太い、下半身太りの人の歩き方の特徴なのです。

 

下半身の血流、リンパの流れが悪くむくみやすい

骨盤が歪んだり、またその影響で歩き方が悪くなったりすると、鼠蹊リンパ節が圧迫を受けるので下半身の血流やリンパの流れは極端に悪くなります。

産後にむくみや冷え性などの症状がが出てきたと思う方は、明らかに下半身の血行不良に陥っています。

血流が悪いと足は冷えます。

実は体の冷えたところに脂肪は溜まりやすいので、むくみと合わせてダブルパンチが起こります。

これは下半身太りの大きな原因になるというわけです。

 

日常生活の中で骨盤の歪みを解消して脚痩せを促進する方法

では産後の下半身太りになってしまった人はどうすれば出産前の下半身に戻すことができるのでしょうか?

そんな産後の下半身太りでお悩みの方へ自分でできるエクササイズを2つご紹介します。

 

自宅でできる骨盤矯正ストレッチ

まずは自宅でできる骨盤矯正のストレッチです。

本来骨盤矯正は専門家にお願いするのがベストですが、この度一人で骨盤矯正ができるストレッチを考えました。

動画の中で話しているポイントをしっかり意識しながら、骨盤矯正ストレッチを是非やってみてくださいね。

 

太もも痩せマッサージ

先ほどもお話ししましたが、脂肪が溜まりやすい場所というのがあります。それは、

「固まってかつ冷えているところ」なんです。

何がというと、筋肉です。

筋肉が固いと、血流も悪くなってしまうので、冷えやすくなってしまうのです。

他にも二の腕、下腹など脂肪が溜まりやすいところは、全てそういったところなんです。

そこで、太もも痩せの1ステップとしてそんな太ももの筋肉を直接マッサージして、リンパと血流を回復させましょう。

そうするとどんどん太ももは柔らかくなり、温かくなります。

骨盤矯正ストレッチと同様に、こちらもぜひ試してみてくださいね。

 

今回のポイント

今回は、「産後下半身太りに陥る人5つの特徴とは?原因と解決法まで全て公開!」についてお話しいたしました。

産後、何歳になっても綺麗な脚で居続けるためには、骨盤の歪みや開きを放置しないことです。

産後すぐは誰しも骨盤がゆるい状態です。

しかし1ヶ月経てば締まっていきますので、その時が骨盤環境を整える絶好の機会です。

どんな時も綺麗な骨盤の形をキープして、自信を持ってスラッとした綺麗な下半身に磨きをかけてくださいね。

骨ダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ご予約・お問い合わせ

お電話はこちら

うえにし整体院へのお問い合わせ

公式LINE@

LINE@友達募集

メール

腰痛・膝の痛み専門サイト

自社サイトバナー

施術メニュー

骨盤矯正

骨盤矯正

骨ダイエット

骨ダイエット

猫背整体

猫背整体

O脚整体

O脚整体バナー

全身骨格整体プレミアム

全身骨格整体プレミアム

関節痛改善整体

関節痛改善整体

外反母趾整体

外反母趾整体

自律神経整体

自律神経整体

 

子供姿勢整体(Kids整体)

キッズ整体
産後
takashiをフォローする
Uenishiうえにし整体院|大阪本町の骨盤矯正、猫背姿勢改善整体

コメント