症例大全集

坐骨神経痛の症状が右のおしりに出るケースの原因と対処法について

”いつからかおしりに鋭い痛みを感じるようになった。”
そんな症状でお悩みではないだろうか?
一般的に腰痛を持病としてお持ちの人が太もも、足などに痛みの症状が出ることを坐骨神経痛と呼ぶ。
この坐骨神経痛の症状がおしりに出るケースがある。
痛みが強くて座っていられないこともあるほどだ。
ではこの症状、なぜ起こってしまうのだろうか?
今回はそんなお悩みで当整体院に来られた一人の男性のお話をさせていただく。

 

患者

50代男性 会社員 建設関係営業職

 

問診

約半年前に仕事で車でお得意先を回っている最中、現地に到着して車から降りようと地面に足をついた際に右のお尻に鋭い痛みを感じた。
そこから痛みが治まると思っていたが一向に良くなることはなく、車に乗る際は常に自前の座布団を敷いて痛みと闘っていた。
あぐらをかくのが苦手で左右の脚の開き方に大きな差があり、右側が開かないということがもう20年以上も続いている。
週に2回は出張で長時間車や新幹線に乗っている。

 

所見

立位の状態を後ろから観察した時に骨盤が体の中心から右にスライドしているように見え、かなりズレている。
さらに骨盤の右側が上方に上がっている。
背骨が左から右に湾曲していて右肩が下がっている。
このように明らかに誰が見ても分かるほどの体の歪みがあった。

 

検査

股関節の検査では左右を比べるとやはり明らかな動きの差があった。
右股関節は左に比べて広がりきらず、仰向けで回転運動させた時に詰まりやひっかかりの感触があった。
右大腿部に内側方向に筋膜のねじれがあった。
右の臀部中心付近を押圧した際に患者は鋭い痛みを感じた。

 

施術

右腹部と大腿部前面の筋膜リリース
股関節関節包のリリース
骨盤右側方偏移の矯正

 

経過

施術後右のおしりの痛みは軽減したが、日にちが経過すると症状が再発するということを繰り返した。
関節可動域の評価と骨盤の側方への歪み度合いを毎回確認しながら、症状の経過を見ていくこととした。

 

原因

右大腿前面部筋膜のねじれと股関節の固着による関節可動域の制限が原因だった。
これによる右股関節の動きの制限はかなりきつかった。
左右で動きが全く違うので、歩いているうちにどんどん骨盤が中心から右に寄っていくという現象が起こる。
そして骨盤の歪みが上半身に波及し、背骨の歪みを起こしていた。
このように骨盤を中心として体全体に歪みが発展し、結果重心が右に偏る。
座っているときも立っている時も常に右側に体重がかかってしまうので、お尻には通常の倍以上の圧力がかかるのである。
そうなると右のお尻の筋肉は支えるために硬くなり緩める事ができなくなる。
そこに座った時の圧力と、車の振動が加わる事で耐えられなくなるという流れだ。

 

まとめ

このような坐骨神経痛の症状がおしりに出るケースでは股関節の動きの問題が大きく関係する。
股関節というのは下半身の関節の中で一番可動域が広い関節だ。
そこが制限されるということは、歩く走るなどのごく一般的な動きが制限されるということだから非常に問題になる。
そして左右どちらか一方の動きが悪くなったら足の運びは左右非対称になるため、骨盤や背骨は簡単に歪みを起こしてしまう。
今回の患者のように坐骨神経痛の症状がおしりにあって、かつ左右で股関節の開き方が違うという人は、真っ先にこの原因を疑うべきである。
これが解決されると今お持ちの症状はかなり楽になると思う。
しかし比較的若い頃からこの問題をお持ちの場合、この患者のケースのように関節の固着が強い事があるため、緩解と再発を繰り返し治癒までに時間を要する事がある。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。