自律神経とは?

自律神経の働き

自律神経についてお話しする前に、まず「神経とは何か?」について少し触れたいと思います。

神経というのは、脳と体とを繋げる「送電線」のようなものです。

例えば運動をしたいと思った時、脳から筋肉に指令を送って関節を動かしたり、逆に皮膚からの感覚(温冷感覚、痛覚、触覚情報)を脳に伝える橋渡しになるものです。これらは運動神経、感覚神経と言って、私たちが普段の生活の中で意識することができます。

それに対して自律神経というのは、私たちが意識しなくても”勝手に動いてくれる神経”という意味なのです。

この機能はかなり重要で、人間の生命維持活動(これが止まると死んでしまう)を担っています。

無意識で行う生命活動の代表的なとことろが、心臓の働きです。

例えば、私たちは普段心臓の心拍数を意識的にコントロールすることはなく、運動をした時は勝手に心拍数が上がり、逆にリラックスしている時は勝手に心拍数が下がります。

このように様々な状況下で体を集中モード、休息モードに自動制御してくれるのが自律神経の働きなのです。

 

交感神経と副交感神経の細かい役割

自律神経のバランス

自律神経には集中モードで作動する交感神経、休息モードで作動する副交感神経の2種類があり、それぞれ次のような機能があります。

交感神経の働き 副交感神経の働き
心拍数を上げる 心拍数を下げる
血圧を上げる 血圧を下げる
血糖値を上げる 血糖値を下げる
胃腸の運動を抑制する 胃腸の運動を促進する
排尿を抑制する 排尿を促進する
気管支を拡張する 気管支を収縮する
子宮を収縮させる 子宮を弛緩させる
発汗を促進する 発汗を抑制する

実はこれらは一部で、このほかにもたくさんの働きを自動制御で行なってくれています。

にもかかわらず、原理は極めて単純で、交感神経と副交感神経、たった2つの神経の働きのみで調節されているのです。

その関係は、交感神経が強くなると副交感神経は弱く、副交感神経が強くなると、交感神経は弱くという風に、まるでシーソーのような働きをしています。

そのことによって、人間は活動と休息がしっかり区別でき、それによって体調のコントロールができているのです。

しかしこの自律神経が乱れることによって、様々な不調を起こす人が急増しており、大きな問題になっています。

更年期障害とは?

診察の様子

更年期とは、女性の閉経前後の10年間の時期のことで、その間女性ホルモンの分泌が減り始め、閉経を迎えるまでにほぼゼロになります。

その10年間の時期に自律神経系による様々な不調を発症する問題のことを言います。

更年期障害の症状として、

●頭痛、腹痛
●メンタルの不安定
●異常発汗、疲労感
●肩こり、背中の痛み、腰痛
●めまい、ふらつき
●眠りが浅い、不眠
●手足のむくみ
●膣乾燥、性交痛

などがあります。

更年期障害は女性全員に起こるわけではない!?

更年期障害は、女性の誰もが経験するわけではなく、更年期を迎えても、何も症状がなく閉経を迎え、その後も何ら変わりなく過ごす人もいます。

かと思えば、病院に通い詰めるも、辛い不調に長年苦しめられ、思うように改善しない人もいます。

このように、人によって更年期障害の症状も大きさも違うわけです。

ではこの違いは何なのでしょうか?

病院で行う更年期障害の治療

病院では更年期障害の原因が、女性ホルモン分泌の急激な低下によるものと考えられているため、その下降曲線を緩やかにしようということで、ホルモン補充療法「HRT」という治療法があります。

文字通り減ってしまった女性ホルモン(エストロゲン)を物理的に増やす方法で、閉経後に飲み薬、貼り薬、塗り薬、膣剤などで行います。

閉経前の不調に対しては、ピルの服用によって子宮内膜の増殖を減らして症状を緩和させるという方法が取られます。

これらの治療法は対症療法で、ホルモンバランスを外部からコントロールしようとする方法です。

更年期障害の根本的原因

「更年期障害の原因は何だと思いますか?」と聞くと、「ホルモンバランスの乱れ」だと答えられる人がいます。

確かにそれも間違いではありませんが、ホルモンバランスの乱れはその中の一部であり、それ以外にも原因があります。

それは自律神経です。

更年期障害は、自律神経の乱れによっても引き起こされるのです。

よって根本的な解決は自律神経の正常化と、ホルモンバランスの両方が必要になるということです。

病院で行うのはホルモンバランスの調整で、自律神経自体の調節はできません。

整体が唯一自律神経の調整を行えるのです。

Uenishi整体院が行う自律神経を治療する方法とは?

背面経絡

反射点を利用した交感神経の鎮静と副交感神経の活性化

自分では気づかないですが、自律神経のバランスが崩れると、体の変化として現れます。

例えば、胸椎や腰椎の背骨にゆがみやズレが起こったり、背中付近が硬くなります。

その際私は、反射点(体が反応するポイント)を使って治療していきます。

反射というのは、熱いヤカンを知らずに触ったとき、脳が意識する前に、体が先に反応して手を引っ込めようとします。

このようにある刺激が体に感じると、意識とは別に体が勝手に反応するのが反射です。

実は人間の体にはこの反射点が数多くあり、ある部分を刺激すると特定の神経が反応するというポイントがあります。

この反射点を使って交感神経を鎮静させたり、または副交感神経を活性化させたりして本来の状態に体の機能を戻すのです。

 

自律神経のリズムを整える日常生活の指導

中には環境によるストレスが強く、それによって自律神経を乱している人がいます。

その場合、原因が生活環境にもあるため、そのままの生活を続けると、なかなか不調から抜け出せません。

その場合はやはり、生活習慣の改善が必要になります。

治療後は、その人に合ったプライベートの過ごし方や食事、ルーティーンづくりの工夫についてもアドバイスさせていただきます。

原因不明の不調を克服するために

はっきり言って、更年期障害、自律神経の乱れというのは、時期がきたら良くなるというものではありません。

明らかに体のどこかに何らかの問題が隠れているのです。

まず第一歩として、その問題がどこにあるのかを専門家に見つけてもらいましょう。

そして一緒に治していくのです。

症状としっかりと向き合って丁寧に対処すれば、必ず体は変化します。

いち早く、辛さから解放され、快適なライフスタイルを取り戻しましょう。

 

Uenishi整体院
上西隆史

 

《自律神経の関連記事》