坐骨神経痛

坐骨神経痛に整体施術が効果的な理由

坐骨神経痛は、腰から足にかけての痛みやしびれを引き起こす、非常に辛い症状です。しかし、整体施術を受けることで、これらの症状を緩和することができます。

本記事では、坐骨神経痛で治療をお考えの方へ、坐骨神経痛を効果的に緩和する整体施術について詳しくご紹介します。

整体施術では、症状の原因となる筋肉の緊張や骨、筋膜の歪みを解消することが重要です。良い整体院に行くと、カウンセリングを通じて症状や生活習慣を把握し、その人独自の施術プランを立ててくれます。

施術の過程では、手技を使って筋肉の緊張をほぐしたり、骨盤や脊椎のバランスを整えてくれ、場合によっては、その場で効果を感じることもあります。さらに、帰宅後のケアや日常生活での注意点もアドバイスしてくれます。

このように坐骨神経痛に悩んでいる方は、一度整体施術の効果を試してみることをおすすめします。専門の施術者による丁寧な施術を受けることで、痛みやしびれの緩和につながり、より快適な日常生活を送ることができるでしょう。

それでは、坐骨神経痛の症状と原因、施術の方法、実際の効果について詳しくお話ししていきます。

坐骨神経痛の症状と原因

坐骨神経痛の症状は、前述した通り、腰から足にかけての痛みとしびれが代表的なものです。また場合によって、足の筋力低下、感覚異常、灼熱感などを感じることもあります。

この原因は色々あります。腰椎の椎間孔で腰神経が圧迫するケース、または腰神経が一つにまとまって太い神経となる坐骨神経の圧迫、そして骨盤の仙腸関節(せんちょうかんせつ)の不具合によってもおきます。

 

整体を受けることの効果

整体の効果に関しては、実際個々の整体院の技術によって効果の差が出てしまうところがありますが、ここでは、正しい整体技術を習得した整体院で行われる施術の効果についてお話します。

整体施術は、坐骨神経痛の症状を効果的に緩和するための方法として広く知られています。その理由は、骨盤や脊椎の歪みを整えることによって、坐骨神経へにかかる圧迫を軽減することにあります。また骨盤の仙腸関節に異常が起きることで坐骨神経痛の症状は発症することもあり、その場合は、整体によって仙腸関節の機能を回復することにより、効果を発揮します。

整体施術の最初に、まず患者の症状と生活習慣をカウンセリングし、症状の出どころと原因を特定します。治療の過程では、手技やストレッチを使用して筋肉の緊張を緩和し、矯正法により骨盤や脊椎のバランスを整えます。そして、今後の治療計画を立てます。治療後のケアや日常の生活上の注意点もアドバイスしてくれます。

これによって、はっきりとした原因が特定され、それを緩和するために、どれくらいの通院頻度、通院回数が必要かが分かり、最短で効果が発揮できるようになります。

このように整体施術は、坐骨神経痛の症状を緩和するための効果的な方法であり、原因不明と思われていた多くの患者に希望をもたらし、より快適な日常生活を送ることができるようにします。

 

整体による坐骨神経痛の施術方法

腰を整体する様子

整体治療では、さまざまな手技が使用され、坐骨神経痛の症状の緩和に役立ちます。以下に、代表的な整体治療の方法をいくつか紹介します。

関節調整

関節の可動域を改善し、坐骨神経への圧力を軽減します。整体師は、患者の関節を柔軟に動かすために、カイロプラクティック、オステオパシーなど、その院が得意とする手技を使用します。

筋肉の調整

筋肉の緊張を緩和し、坐骨神経への圧力を軽減するために使用されます。整体師は、手技を使用して直接、または、体の反射を使って筋肉の緊張をほぐし、血液循環を促進します。

ストレッチ

ストレッチは、筋肉の柔軟性を向上させ、坐骨神経への圧力を軽減します。整体師は、患者に適切なストレッチの方法を教え、日常生活で継続して行うことを勧めてくれます。

これらの手技は、整体施術においてよく使用されるものですが、患者の状態に合わせて個別に選択されることもあります。患者の症状や身体の状態、痛みに強いタイプか弱いタイプかなどを詳しく聞いて、その人にあった最適な治療法を提供します。

 

坐骨神経痛の予防と日常のケアの方法

自宅でストレッチをする女性

坐骨神経痛の予防と日常的なケアは、整体施術と合わせると、より症状の緩和と再発の予防に役立ちます。以下に、坐骨神経痛を予防するためのいくつかの方法と日常的なケアのポイントを紹介します。

良い姿勢を保つ

正しい姿勢を保つことは、腰や背中の負担を軽減し、坐骨神経への圧力を軽減するために重要です。長時間座っている場合は、背もたれや座面のサポートを使用することをお勧めします。

定期的に運動、ストレッチをする

適度な運動は、筋力や柔軟性を向上させ、坐骨神経への圧力を軽減するのに役立ちます。運動不足の人が定期的に行うと、筋肉を硬化しにくくなるため有効です。

また入浴後のストレッチも坐骨神経痛予防に効果があります。特に腸腰筋、臀部、ハムストリング、内ももの内転筋を緩めておくと症状がひどくなりにくく快適に過ごせます。

重い物を正しく持ち上げる

重い物を持ち上げる際は、腰に負担がかからないように注意しましょう。膝を曲げてしっかり腰を落として、背筋は曲げず、腰の筋力を最小限にして持ち上げることが重要です。

長時間座ったり立ったりする際には休憩を取る

長時間同じ姿勢でいることは、坐骨神経への圧力を増加させることがあります。定期的に姿勢を変えたり、休憩を取ったりすることが大切です。

これらの予防策と日常的なケアは、坐骨神経痛の症状を軽減し、再発を予防するのに役立ちます。しかし、症状が重い場合や、痛みが長期間続く場合は、逆にセルフケアは控え、専門家の指導のもとで治療を受けることをお勧めします。

 

坐骨神経痛の整体施術の効果についての実例

整体治療は、坐骨神経痛の症状を効果的に緩和することができる方法として広く知られています。以下に、当院が整体治療の効果を実感した患者の例をいくつか紹介します。

 Aさんは、長時間座っていることが難しくなるほどの重い坐骨神経痛の症状に悩んでいました。この方の原因は腸腰筋の機能障害が発生しており、それが骨盤の歪みを作って、反り腰姿勢を作っていました。整体治療を受けることで、腸腰筋の緊張が緩和され、坐骨神経への圧力が軽減されました。これにより、Aさんは座っている時間が長くなり、日常生活をより快適に送ることができるようになりました。
Bさんは、坐骨神経痛の症状により、足のしびれや痺れがありました。この方の原因は、腰椎のズレにより脊髄神経にストレスがかかって起きていると判断しました。整体治療により、腰椎のバランスが改善され、血液循環が改善されました。これにより、Bさんの足のしびれや痺れが軽減し、日常生活の制約が減りました。
Cさんは、出産後から坐骨神経痛による臀部痛と足の痛みに悩んでいました。この方の原因は出産の影響で仙腸関節の機能異常がありました。整体治療を受けることで、仙腸関節の動きが戻り、痛みが軽減されました。これにより、Cさんは痛みを感じずに歩くことができるようになり、日常生活において大きな改善が見られました。

このように、整体治療が坐骨神経痛の症状を効果的に緩和できています。ただし、個人の状態によって原因は大きく変わります。治療の選択と進行については、専門家の意見を参考にすることが重要です。

 

まとめ

正しい整体治療を受けることで、坐骨神経痛の症状を効果的に緩和できます。整体を受けることのメリットは原因を特定し、問題箇所をダイレクトに施術できるところにあり坐骨神経へかかる圧力を効果的に軽減します。

また、施術車からアドバイスされる、日常生活の改善指導や、セルフケアの同時進行によりさらに改善が早まり、最初の防止につながります。

現在坐骨神経痛の症状に悩んでいる方は、整体治療の効果を試してみることをぜひお勧めします。専門家の指導のもとで丁寧な治療を受けることで、痛みやしびれを軽減し、より快適な日常生活を送ることができるようになるでしょう。できれば治療を受ける前に、色々な整体院と相談し、自分の状態に最適な治療方法を選ぶことが重要です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。