膝の痛みの原因と解決法

 

関節痛の中で、腰痛についで2番目に多いのが、膝の痛み。

膝の痛みの特徴は、上半身の痛みとは違い、悪化すると日常生活に大きな影響を与えます。

なんとなく感じていた膝の痛みが、最近ひどくなってきたと感じているなら、まずは今の痛みの状況をセルフチェックシートで詳しく見てみましょう。

膝の痛みセルフチェックシート

階段を降りる女性

現在あなたの膝はどんな状態ですか?

下記の症状に当てはまる項目の点数を全て足してみましょう。

症状の目安は、軽症0〜5点 中等度5〜12点 重症13点以上となります。

歩いていると膝から音が鳴る 1点
歩き始めに膝が痛いが、歩いていると引いていく 1点
走っていてしばらくすると膝が痛くなる 1点
膝が急に動かなくなった事がある 3点
過去に膝を怪我した事がある 2点
階段を登るときに膝が痛い 2点
階段を降りるときに膝が痛い 3点
膝の痛みのせいで長く歩けない 3点
膝を曲げようとすると痛い 3点
椅子から立ち上がるときに膝に痛みが出る 2点
完全にしゃがむと膝が痛い 2点
正座ができない 3点
脚がO脚になっている 4点
膝が腫れている 5点
何度か病院で水を抜いてもらった事がある 5点
重い荷物を持つような仕事をしていた事がある 2点
バレーボールやテニスなど、早い運動から急停止するようなスポーツ経験がある 2点

軽症0〜5点 中等度5〜12点 重症13点以上

いかがでしたか?

あなたの膝の状態が分かったところで、軽症で安心、重症で落胆するのはまだ早いです。

本題はここから。膝についての詳しい解説、原因ついて深掘りしていきたいと思います。

膝関節に痛みが起きやすい理由

膝にかかるストレス

膝関節は上半身の体重を支えていながら、同時に歩行、しゃがむ、体を曲げるといった動きも行っており、体全体の中でも大きなストレスがかかる関節です。

ちなみに体重60kgの人が、膝を深く曲げてしゃがんだ体制を取った時、膝には体重の3倍、約180kgの負荷がかかります。

このようにして、膝関節内部の靭帯や半月板、関節軟骨には日常生活動作で負荷がかかりやすく、そこに無理な姿勢やハードな動きを伴えば、膝関節周りの組織が損傷を起こし、痛みに発展します。

膝の痛みと変形性膝関節症との関係

膝の骨の変形

膝の痛みを病院で見てもらたときに「変形性膝関節症」と診断されるケースがあります。

その際、膝の痛みは変形性膝関節症によって起こっていると、お医者さんも含めそう信じている人が少なくありません。

しかし、本当にそうでしょうか?

ある大学の疫学調査によると、「X線で変形性膝関節症と診断された患者のうち、痛みを訴えるものに関しては全体の3割から4割程度だった」という報告があります。

この結果から考えて、必ずしも”変形性膝関節症”と”膝の痛み”がイコールではないと言えるのです。

膝の人工関節手術の必要性

リハビリをする患者

もし、膝関節内の骨や軟骨にかなりの破壊が進んでいて、それによって膝の曲げ伸ばしがまともに行えない場合、外科手術が必要になるかもしれません。

しかし軽度の場合や、例え痛みが強い場合でも、関節の機能がまだ残っている場合は、人工関節手術に踏み切るのには疑問を感じます。

なぜならこの場合、手術を行っても膝の痛みが引かない事があるからです。

よってこの辺りの見極めは、かなり慎重になる必要があります。

膝の痛み、原因の7割は膝の問題ではない!

先ほどお話ししたように、そもそも膝は大きなストレスがかかる関節であるが故に、膝は痛みを起こしやすい関節と言えます。

そしてその大きなストレスの影響で、場合によっては骨の変形など、膝内部に異常が起きる事があります。

しかし、膝の痛みが膝内部が原因で起こっているものは全体の3〜4割程度で、残りの6割〜7割はそれ以外の部分が原因で起きているというのが実際です。

膝の痛みの根本原因は一体どこに?

実は膝の痛みの原因の多くは、膝自体というよりももっと別の場所に隠れているのです。

それは近隣関節の機能障害によって、その影響が膝関節に波及することで起こる痛みです。

例えば、腰椎が原因で起こるケース、骨盤・股関節が原因で起こるケース、足関節が原因で起こるケースです。

つまり膝関節自体には、痛みの根本原因がない事が多いのです。

これは「物を拾う」「荷物を持ち上げる際にしゃがむ」などの動作の際、膝単独で動く事はなく、腰椎・骨盤・股関節・足関節と連動していることから、このような関節に問題が起きたとき、結果的に体重が載る膝関節に痛みが起きやすいのです。

これを見逃してしまうと、膝に原因があると思い込んでしまって、間違った治療を選択してしまうことになるのです。

病院が考える膝関節治療について

膝の痛みで病院に行かれた事がある人は分かると思いますが、まずレントゲンを撮って膝内部の異常を確認します。

そして膝の損傷度合いにより手術、または関節注射などの対応がなされます。

このように、「膝の痛みは膝関節の異常によって起きている」というのが病院の考え方です。

当院が考える膝関節治療について

当院では膝関節の痛みの原因を探るために、膝関節の曲げ伸ばしの機能が正常かどうかを検査します。

それに加えて、近隣の関節(骨盤、股関節、足関節)にも問題がないかを検査します。

当院の考えは、痛みの出所が膝関節以外にも複数あると考え、近隣関節の異常と膝関節本体の異常両方を見て、総合的に痛みの出どころを判断して施術していきます。

まとめ

ここまで色々お話しさせていただきましたが、膝の痛みに関して重要な部分は2点です。

1つ目は、
膝の痛みで変形性膝関節症の診断を受けた場合、治療の選択として手術を判断するには正確な見極めが必要である事
2つ目は、
膝の痛みは、膝単体で考えては良くならない。下半身全体を含めた総合的な判断が必要

これさえしっかり押さえておけば、あなたは最善の治療を選択する事ができるでしょう。

チェックシートで軽症の方も、痛みが深刻化する前に専門家に詳しく検査してもらうことをお勧めします。

また重症の方であっても、症状の出どころをはっきりさせて、正しい治療法を選択できるような専門家に依頼することをお勧めします。

Uenishi整体院は膝の痛みをはじめとした関節痛に詳しい専門家です。

ぜひ一度ご相談ください。

 

《膝の痛みの関連記事》