坐骨神経痛

坐骨神経痛 座り方を改善して痛みを減らす方法

腰やお尻を激しい痛みが襲う「坐骨神経痛」。この痛みに悩む人は、座るだけでも辛い経験をしていることでしょう。しかし、正しい座り方を実践することで痛みを軽減できる可能性があります。

本記事では、坐骨神経痛の原因や症状について詳しく解説すると共に、効果的な座り方の改善方法をご紹介します。

坐骨神経痛の原因は様々であり、神経の圧迫、背骨や骨盤のゆがみ、筋肉の緊張が関与していることがあります。

座る際には、正しい姿勢とクッションの活用が重要です。また、適切な背もたれや座面の高さ、足置きの位置なども考慮しなければなりません。さらに、長時間同じ姿勢で座ることを避け、適度なストレッチや運動を取り入れることも効果的です。

坐骨神経痛の痛みから解放され、快適な座り方を実践するために、ぜひ本記事をご参考にしてください。

では始めていきましょう。

 

正しい座り方の重要性

姿勢の良い女性

正しい座り方は、坐骨神経痛の症状を軽減するために不可欠です。正しい座り方によって、上半身の体重を分散し、腰やお尻への負担を軽減して、痛みを緩和することができます。

以下に、正しい座り方のポイントを紹介します。

背筋を伸ばす

背筋を伸ばし、姿勢を正しく保つことが重要です。背中にクッションを置くことで、背中のカーブをサポートしましょう。

坐骨で座る

腰をしっかりと支えるには骨盤の位置がとても大切です。よくあるのは、骨盤が後傾する座り方です。腰の負担を軽減させるためには骨盤を立てて坐骨で座るようにしましょう。

足を組まずに両足でしっかりと支える

時には足台を使用して、足をしっかりと支えることも忘れてはいけません。足を床にしっかりとつけ、体重を均等に分散させることがポイントです。

長時間同じ姿勢で座らない

同じ姿勢で長時間座ることは、腰やお尻への負担を増加させる可能性があります。定期的に休憩を取り、体を動かすことが大切です。

 

坐骨神経痛を改善する座り方のテクニック

パソコンをする人

坐骨神経痛の症状を軽減するためには、特定の座り方のポイントを知ることが有効です。以下にいくつかの座り方のテクニックを紹介します。

デスク周りの高さ調整

デスクで長時間座る場合、正しい座り方を実践するために、まずはデスク周りの調整が重要です。デスクの高さや椅子の調整、モニターの位置などに注意しましょう。また、定期的な休憩を取ることも大切です。

肘置きをうまく活用する

椅子に肘置きがある場合は、それをうまく活用することで、肘の位置を安定させる事ができます。それによって座り心地を向上させることができます。結果的に腰やお尻への負担軽減に繋がります。

例えば、左右の肘置きにクッションをそれぞれに置き、その上に肘を置くというものです。もし細長いクッションがあれば、左右の肘置きに橋渡しのようにして、自分の胸の前にクッションがくるようにします。

そうすると、肘を置きやすくなり、上半身が安定します。

座面に薄いタオルを敷く

座ると骨盤がどうしても後傾してしまうという方に朗報です。座面に折りたたんだバスタオルを敷いて座ってみてください。そうすることで座面が少し高くなり、お尻の位置が上がります。そうすると自然と骨盤が立つ座り方になります。

 

坐骨神経痛を緩和するためのエクササイズ

ストレッチをするビジネスマン

これらの座り方を駆使した上で、更に特定のエクササイズを取り入れることで、坐骨神経痛の症状を緩和することができます。以下に、座りながら、または少しの休憩時間にできる、坐骨神経痛を緩和するためのエクササイズの例を紹介します。

体幹側屈ストレッチ

体幹を伸ばす女性

座った状態で、頭の上で片側の手首をもう片方の手で掴み、そのまま掴んだ腕の方向に引っ張って体幹を側屈するストレッチを行います。これによって腰の外側にある腹斜筋、腰方形筋という筋肉をストレッチでき、坐骨神経痛の痛みを緩和することができます。

伸脚内ももストレッチ

伸脚ストレッチをする女性

立った状態で、両足を肩幅よりもやや広くに開き、片方ずつ脚を伸ばして内ももの筋肉を伸ばします。長く座ると内ももの筋肉も硬くなりますので、1時間ごとにこのストレッチを行いましょう。

 

まとめ

ここまで、座り方のテクニックや正しい姿勢で座る方法についていくつかご紹介しました。

座るという姿勢は一見立っている姿勢よりも楽に感じますが、特定の筋肉を常に緊張させたまま維持しているので、その分負荷がかかります。

よって座り方を工夫することで、坐骨神経痛の症状をかなり軽減させられるということに繋がります。

以上の情報を参考に、快適な座り方を実践し、坐骨神経痛の痛みから解放されましょう。正しい座り方によって、日常生活がより楽しく健康的になることを願っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。