症例大全集

おしりの奥が痛い原因と対処法について

特に何かした訳でもないのに立っているだけ、または座っているだけでお尻の奥が痛いという経験をしたことはないだろうか?

痛みは日を追うごとに強くなり、どんどん辛くなっていく…。

このような、突然起こるおしりの奥の痛みというのは意外と起こりやすい。

実は症状の背景には、発症するかなり前から骨盤環境の変化が起きているのだ。

その一例として今回は以前から腰痛持ちの女性が最近お尻まで痛くなってきたという相談を受けたケースをお話しする。

女性は今までただの腰痛だったのが、最近おしりまで範囲が広がってきてなんだか怖くなってきたと話す。

あなたがもしこれと似たような経験をしているなら、同じような原因が隠れているかもしれない。

ぜひよく読んで今後の参考にしていただきたい。

 

患者

60代女性 主婦(ピアノ講師)

 

問診

①2ヶ月前から立っているとおしりの奥とおしりの横の筋肉が痛い。

②以前はおしりの痛みが晩だけだったのが、今では日中も痛みを感じるようになり、立っているのも辛くなってきた。

③整形外科に行ってリリカ(痛み止め)を処方してもらっているが、効いているのか効いていないのかよくわからない。

④座ると比較的症状は楽で、立ったり歩いたりすると痛みが出る。

⑤今回の件よりも以前から慢性の腰痛があった。

 

所見

①全体像として、骨盤が開いているように見える。

②患者を立位で横から観察した時に腰が極端に反っているのが分かった。

③そして股関節が正常な重心ラインよりも前の位置にある。

④角度を変えて後ろから骨盤を見た時に、おしりの横の部分が出っ張って見える。

 

検査

①股関節検査をしたところ股関節の前方へのズレがある。

②回転動作の検査をしたところ、動きに引っかかりがある。

③両方の腸骨(骨盤)が開いている。

 

施術

股関節の調整と骨盤を締める施術を行った。

その後、施術前と同じように立位になってもらい姿勢の変化を見た。

すると腰の反り具合は軽減し、股関節の位置が後方に下がって体の中心に移動していた。

続いて患者の後ろに回って骨盤を確認したところ、おしりの外側の出っ張りもなくなっており、骨盤全体はひとまわり小さくなったように見える。

患者におしりの奥の痛みやおしりの横の筋肉の痛みを確認してもらったところ、かなり楽になったとのことだった。

 

原因

このケースは股関節のズレによって起きていた。

股関節の位置が前にズレてしまったためにおしりの奥にある筋肉が引き伸ばされ、それを止めようとして固くなったことで痛みを出していた。

そして更に股関節は外にも張り出していたので、おしりの横の筋肉もそれを戻そうと固くなってしまっていた。

つまり、股関節の位置異常によって、お尻の筋肉が緊張して起こった症状だった。

これに骨盤の開きも加わって骨盤の安定感が損なわれたために、臀筋に負担がかかる立位や、歩いたりすることでおしりの痛みが増幅したという訳だ。

 

まとめ

股関節のズレは若い人から高齢者まで誰にでも起こりやすいが、その結果としてお尻の筋肉が緊張することによって起こる。

この女性のケースは、長時間座っていた事によって骨盤に重力がかかり続けて開いてしまい、股関節にもズレが起こってしまったと考えられる。

股関節のズレや骨盤が開いてしまう原因としては他にも出産経験、座る時の姿勢に問題があることから来る。

この方はピアノ講師で普段から指導や練習などで座り姿勢が長かったということなので、明らかにズレやすい状況だったことは間違いない。

最近股関節が固く前屈や開脚ができにくくなってきた、お尻が大きい、O脚になってきた気がするというふうに感じていたら骨盤のどこかに歪みやズレがある可能性が高い。

そのような場合、”骨盤のズレ”を真っ先に疑った方が良いかもしれない。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。