症例大全集

ぎっくり腰が治らない、繰り返す場合の原因と対処法について

ぎっくり腰を経験したことがある人はわかると思うが、この症状はかなり辛い。
私も過去に不意打ちに腰から砕けて動けなくなった経験があるのでよく分かる。

今回はそんなぎっくり腰が一向に治らない、又は繰り返してしまうというような症状に関してひとつの施術例をご紹介したいと思う。

結論から言うと、この患者はぎっくり腰が起こっても仕方がないとも言えるほどの、体に致命的な問題が潜んだまま長年生活をしていた。

今まさにあなたがぎっくり腰の症状で苦しんでいるとしたら、改善のヒントになってくれる内容になるかもしれない。

 

患者

50代男性 会社員 技術職

 

問診

10年ほど前に家でくしゃみをしたときにぎっくり腰を起こしたことがきっかけで、そこから年に1回ほど定期的にぎっくり腰を繰り返すようになった。

ここ2、3年前からはどんどんひどくなってきて、年に2回から3回ほどに頻度が増えてきた。
近所の整骨院や整形外科、自費の整体院など治療院をいくつも回っていたが一時的に症状が緩和されることはあっても治らない。

騙し騙しでここまで過ごしてきたが、年々症状が悪化しているように感じていて困っているとのこと。
痛みの場所はいつも腰の右側にあり、仕事でデスクに一日座っている日には夕方には痛みで座っていられなくなってしまう。

 

所見

ぎっくり腰になっていない時も腰(特に右側)のつっぱり感は常に感じていて、立った状態や座った状態から前屈動作を始めると右側の腰につっぱり感と痛みを感じ、深く曲げることができない。

患者の座位姿勢を後ろから見ると、骨盤が右に倒れていて上半身が右に傾いているように見える。

そして左右の肩の高さを比べてみると明らかに右肩が下がっている。

 

検査

①右の骨盤(腸骨)が後方に倒れていてロックされており、お辞儀する際に骨盤が前に倒れない状態になっている。

②仙骨がねじれを起こしておりその影響で腰椎もねじれを起こしている。

③右の大腰筋が短縮している。

 

施術

・右の大腰筋リリース
・骨盤矯正(右腸骨と仙骨の矯正)
・第3腰椎の矯正

施術後に再度座位の姿勢になってもらうと、骨盤が安定しており体幹の右倒れが消失。
そのままの姿勢から前屈でお辞儀の姿勢を取ってもらったところ、右の骨盤(腸骨)と腰椎の動きは正常な動きに戻っていた。

患者に腰の違和感があるか聞いてみたところ、前屈時のつっぱり感や痛みはほとんど感じなくなっていた。
その後週1回のペースで約1ヶ月施術を続けたが、多少の違和感を感じることがあるが日常生活にはほとんど支障がなかった。

ぎっくり腰出現の有無については今後も施術を続けながら経過を見ていくようにした。

 

原因

今回何度もぎっくり腰を繰り返してしまっていたのは腰の一部がオーバーワークになったことで関節に炎症が起きたことが原因だった。

また骨盤の右倒れによって座っている時、上半身を右半身のみで支えることになってしまい、腰の右側の筋肉が慢性的に緊張してしまった事が考えられる。

 

まとめ

冒頭にぎっくり腰を繰り返す背景には体の致命的問題が潜んでいるとお話しした。

今回のポイントは、ぎっくり腰というのは筋肉や関節が過度の負担に耐えられなくなり、一定のラインを超えてきたときに起こる症状だということだ。

よって繰り返すぎっくり腰の場合、表面上の異変だけを見て施術をしていては、治ることはない。
その裏側(原因)を見たときに初めてそれを引き起こす重大な問題が潜んでいるのが分かるのである。

例えぎっくり腰の症状が一時的におさまってもしばらくすればまた繰り返してしまうというのは、症状が起きる原因が解決していないからである。

この患者の場合その後の経過を見てぎっくり腰が起きなくなっていれば、今回施術した場所が原因だったということが確定的になるため定期的にチェックすることにした。

ぎっくり腰の全ての症状が今回と同じ原因ということではないが、症状の裏にある潜在的な要因を見つける事ができれば、状況は大きく変わる事だろう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。