朝顎が開かない!こんな顎関節症は3つの意外な原因で起こっている

顎が痛い女性 顎関節症

こんにちは。

大阪市中央区本町で慢性腰痛、膝の痛み専門整体院を運営しているUenishi整体院院長の上西です。

今回のテーマは
「朝顎が開かない!こんな顎関節症は3つの意外な原因で起こっている」
についてお話していきたいと思います。

✔︎”朝起きると顎が開かない”という経験をした事がある

✔︎昔から口をあけたときにカクンカクンと音が鳴る

✔︎大きく口を開けたときにあごが外れそうになる

✔︎口をあけるときに痛みが伴う

こんな症状が長年続いていて
最近になって症状がひどくなってきた。

どこに相談したらいいんだろう?

歯医者に行ってみて
噛み合わせが悪いからと
マウスピースをつけるように言われたり。

でも顎の症状は良くならなくて
一向に原因が分からない。

そのような方へ。

実は顎関節症はややこしい原因が
隠れていることが多いんです。

今回は顎関節症を根本的に治す
治し方のヒントをお教えしたいと思います。

顎関節症のことを良く知らない人も
分かるように段階を踏んでいきましょう。

ぜひ最後まで付き合いくださいね!

 

顎関節症とは?

顎関節症とは顎の開け閉めの時、関節の動きがスムーズにできずにパキッといったようなクリック音が出たり、顎関節に痛みを伴う症状のことを言います。

この背景には顎のずれによって歯のかみ合わせが悪くなっている事があります。

開くときに耳の前辺りでカクンと
音が鳴ったり、開けた状態から閉めようとする際に閉まらなくなったりもします。

ひどくなると顎関節が炎症を起こし
痛みで口を開けられなくなります。

 

顎関節症ってどこで診てもらえばいいの?

多くの方が顎関節症って何科に
行けばいいのか分からないと言います。

病院であれば
歯医者がイメージしやすいと思いますね。

しかし整体院も顎関節症の施術ができるところも多いのです。

病院と整体院の大きな違いは、顎関節症に対する見立ての違いです。

顎関節症で歯医者の一般的な治療は、歯の状態から噛み合わせの悪さや、噛み締め癖を判断して歯を削ったりマウスピースを処方したりします。

それに対し、整体院は顎関節症の原因を骨格の歪みからきていると判断します。

よって顎に出ている症状にもかかわらず、全身を診るのです。

このように両者において顎関節症に対する
見立てが全く違うのです。

 

専門家から見た顎関節症患者の不自然な顎の動きとは?

まず顎関節症の人に
「口をあけてください!」
とお願いすると
口の開き方、閉じ方が不自然です。

どういう風になっているかというと
、本来ならまっすぐ垂直に開くところが、
左右にスライドしながら
口が開いていくんです。

そして開きながら顎がずれていきます。

顎関節の異常

そして顎が開ききったときに
「カクン」と音が鳴ります。

閉じ始めるときにまた「カクン」と
もう一度音が鳴って、同じようにスライドしながら閉じていきます。

横から見た顎関節

これは顎の骨がズレたときに鳴っている音なんです。

 

顎関節症を放っておくとこんなリスクが!?

関節円板の損傷

関節円板

顎の関節の中には関節円板という
骨と骨のクッションがあります。

先ほどにも言ったように顎関節症の場合、顎の骨が動く際に大きなズレを生じます。

そうすると噛み合わせが悪くなり、
関節円板には顎を動かすたびに
何度も挟まり、骨によって大きな摩擦の刺激を受けることに
なります。

これが続くと関節円板に亀裂が入ったり
削れたりしてしまいます。

 

顎関節脱臼しやすくなる

顎関節というのは正常の運動でも
口を大きく開けるときには
軽い亜脱臼状態(関節が外れそうになる現象)になっています。

そもそも顎関節がこのような構造になっているので、顎関節症になると更に動きの際に顎がずれると
今度は関節の脱臼を起こしてしまうのです。

完全に脱臼してしまうと
口が閉まらなくなり
基本的に自分では戻せない事が多いです。

 

顎関節症、実はこんなことが原因で起こっていた!?

実際に詳しく体を診ていくと
実は顎関節症にはこんな原因が隠れてたりするんです。

側頭骨(頭蓋骨)の位置異常

横から見た頭蓋骨

顎関節とは頭蓋骨の一部である
側頭骨と顎の骨が
繋がっている部分のところです。

だからどちらの骨がずれても
顎関節症になるんですね。

顎関節症の人を診ると
頭の横にある骨の位置が
ずれていることがよくあります。

 

首の筋肉(胸鎖乳突筋)あごの筋肉(咬筋、側頭筋)のこり

顎関節に関与する筋

これは頭蓋骨を横から見た図と下から見た図です。

代表的な筋肉は、顎の外にある咬筋、側頭部にある側頭筋

そして顎の内側には、外側翼突筋、内側翼突筋

顎の下側には、顎二腹筋、顎舌骨筋

顎を動かすためにこれだけの筋肉が動いています。

右の胸鎖乳突筋そして間接的に顎に関与するのが首にある胸鎖乳突筋です。

もちろんこれらは左右どちらの顎にもついていて、同じように動いて初めて正常に機能しますが、これに異常が起きたときに顎関節症は起こります。

それが食事の際の偏った噛み癖だったり寝ている時の噛み締め癖です。

これは片側の顎の筋肉を発達させたり
、筋肉の拘縮(凝り固まり)を起こします。

そして結果的に顎を歪ませてしまいます。

そして実はこれら顎関節症の原因である偏った噛み癖や噛み締め癖、これは姿勢が影響を及ぼしているのです。

顎が前に出ているような姿勢を
している人、頬杖をついている人を見たことがありませんか?

このように姿勢が悪いと
首の筋肉はすぐに固くなります。

それが長い期間続くと
固く縮んだ筋肉によって顎を下方向や左右に
引っ張るようになるのです。

これが顎関節が大きくずれる
きっかけになるんですよ!

 

背骨や骨盤の歪み

じつは背骨の歪みも
顎関節症と関係があるんです。

側頭骨のズレや顎に筋肉の凝りの更に原因をたどると、
背骨や骨盤の歪みによって起こっている事が分かります。

顎関節症の多くの方に
このような骨格の歪みが見受けられます。

想像してみてください。

骨盤と背骨の歪み

本来まっすぐのはずの背骨や骨盤が
曲がってしまうと全体的に姿勢が崩れてしまいます。

しかし最終的には
目線は無意識に水平を保とうとするため
頭だけまっすぐにします。

そうなると首の筋肉(胸鎖乳突筋)
の片側だけ引っ張られるのです。

実際に意図的に肩を斜めにして
頭だけをまっすぐしてみると、片側の首筋が引っ張られるのが
分かると思います。

これらが顎関節症を起こしている原因と
なっている事が多いのです。

 

自分で顎関節症を予防したい!顎関節症のセルフエクササイズをご紹介

顎関節症は、何も専門家に頼る事だけが最善ではありません。

自分で予防する方法があるんです。

顎周りの筋肉を自分でほぐす事で顎関節症を未然に防ぎ、また悪化を止める事だってできます。

まずは自分でセルフエクササイズすることから始めてみましょう。

そしてできれば朝の歯磨き時やおやすみ前に定期的に続けてみましょう。

まずはこちらの動画を観ながら行ってくださいね。

 

まとめ

今回の内容をまとめると、

✔︎顎関節症とは顎のズレによってクリック音や炎症による痛みを伴う病気である

✔︎病院と整体院とでは顎関節症の見立てが根本的に違う

✔︎顎関節症の人は口を開ける時、顎が特徴的な動きをする

✔︎顎関節症で正しい治療ができないでいると、関節円板の損傷や、脱臼に発展する事があるので注意が必要

✔︎顎関節症が起こる原因は、1.側頭骨のズレ 2.首や顎の筋肉のこり 3.背骨や骨盤の歪みが背景にある事が多い

✔︎自宅でセルフエクササイズを行うことで顎関節症の悪化を防ぐことができ、また予防にもなるので定期的にやったほうが良い

顎関節症のメカニズムは複雑です。

筋肉のアンバランスや
背骨、骨盤の歪みがあれば整体院でその矯正も必要ですし、歯列や噛み合わせに問題があったら歯医者さんで治療をする必要もあります。

両方の専門家のアドバイスを聞いて、自分に合った治療法を選択する必要があるでしょう。

しかしはっきりと言えるのは、顎関節は歯だけではなく体全体の影響を受けるという事です。

顎関節症を根本から治そうとお思いなら、固執した考え方は捨てて広い視点で原因を見つけましょう。

そうすれば、あなたが長年悩んでいた症状から解放される事でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ご予約・お問い合わせ

お電話はこちら

うえにし整体院へのお問い合わせ

公式LINE@

LINE@友達募集

メール

腰痛・膝の痛み専門サイト

自社サイトバナー

Uensihi整体院の施術メニュー

骨盤矯正

骨盤矯正

骨ダイエット

骨ダイエット

猫背整体

猫背整体

O脚整体

O脚整体バナー

外反母趾整体

外反母趾整体

関節痛改善整体

関節痛改善整体

Kids整体

キッズ整体

自律神経整体

自律神経整体

顎関節症
takashiをフォローする
Uenishiうえにし整体院|大阪本町の骨盤猫背矯正整体

コメント