健康とはなに

Uenishi(うえにし)整体院院長が考える健康とは?

こんにちは。

大阪市本町、心斎橋で骨盤矯正、骨盤ダイエット整体院を運営しているUenishi整体院院長の上西です。

本日のテーマは
「Uenishi整体院院長が考える健康とは?」
についてお話していきたいと思います。

 

 

いつもはあらゆる症状別に
テーマを決めて書いていますが、

今回は少し視点を引いてみて
健康とはどういうことかというのを
お話していきたいと思います。

この機会にあなたも健康について
向き合い深く考えてみてはと思います。
ではまずひとつあなたに質問します。

『あなたにとって健康とは何ですか??』

病気しないこと??
はたまた、
食べたい物を食べたい分だけ食べられる
ということ??

これに関しては
正解不正解はないので
ぜひじっくりと考えてみてください。

あなたなりの答えが
出ましたでしょうか??

わたしは
健康をこのように定義しています。

健康とは、

『自分がやりたい時に
やりたいことができるためにいつでも
十分なエネルギーが発揮できる状態のこと』

すなわち
健康の概念を私なりに要約すると
『健康とは心と体が健全であること!!』
ではないかと考えています。

なぜこのようなことを
考えているのかというと

私は今回のブログを通して
以下のことを
お伝えしたいと思っているからです。

それは、
『病気になってから
健康を取り戻すのは困難である』

『姿勢(骨格)と心の状態は
互いに影響し合っている』

ということ。

本当にこのふたつは
仕事やプライベートでの
実生活で痛感していることです。

 

病気になってから健康を取り戻すのは困難である

 

これは生きているものには
老化という現象があるからですね。

何もしないでも人間の体は
日を追うごとに老化していきます。

なので健康を維持するには
それを食い止める事が
やっぱり必要なんですね。

しかし、

『30歳を越して痩せにくくなったな…』
『ここ最近関節が痛くなってきて…』

年齢による体の不調や
体の変化を感じていても

『年のせい』
という言葉ひとつで
処理してしまう人がいます。
これがやっかいなんですね。

普段から健康に気を使うことをしていない
または
健康に悪い生活習慣を続けている人は

体の老化に拍車がかかります。

老化というのは
ジワジワ年月をかけて進みますから

本人は危機感、問題意識は
感じにくいんです。

そうして
生活習慣や姿勢、栄養バランスが
どんどん崩れていくと
ある所で元に戻らなくなるんですよ!!

その最終形が
認知症、ガン、糖尿病、寝たきりです。

ここではじめて
いままでの日々の不摂生、
健康のありがたに気づく人が多いです。

残念ながら、こうなると手遅れです。

自分自身が自覚していない
からだの中では
確実に進行しているということを
お忘れなく。

自覚しだしたらそれはもう
自力で元に戻すのは
手遅れかもしれませんよ!!

 

姿勢(骨格)と心の状態は互いに影響し合っている

 

体の構造が壊れていくと
精神は不安定になります。

これは姿勢を正す(胸を張る)と
自信が沸いてきたり
ネガティブな時は背中が丸くなる
ことで分かると思います。

業績が伸びている会社の社長で
猫背の人っていないですよね。

また、

中年の人が背骨を丸くして
歩いていたら老けて見えますよね?

お年寄りの人が姿勢を正して
まっずぐ歩いていたら
若々しく見えますよね?

というように。
実は若い、老けているという基準は
年齢で図れないのです。

本当の年齢は精神(魂)年齢です。

気持ちが生き生きしているという人が
若いということですね。

これは
体は心の影響を受け、
また心は体の影響を受けるという
相関関係を物語っています。

実際私の母は、

今年70歳ですが、毎朝10km歩いています。
体も柔らかいですし、肌つやがいい!!

そして、声のトーンも高いですし
何より生き生きしています。

誰よりも健康でいたいという願望が
強いからだと思います。

ちなみに昔から
運動をしていたわけではありません。
もともと本人曰く
運動は苦手だったみたいです。

すごいですね!!

私はそういう母親を目の当たりにして
ますます
健康でいられることの恩恵ってすごいな!!
そう感じずにはいられません。

だってこの私も少なからず
影響を受けているんですから!!

そして親の健康は何よりの子孝行です。
本当に感謝しています。

このように健康って
周りにも良い影響を与えるんですね。

健康であることは
心と体の調和を図ることであり

そのバランスの良さがその人の体の外側
肌や声や姿勢や情熱となって
周りにまで良い影響を与えるという事が
お分かりいただけたと思います。

やっぱり
私も一生涯死ぬまで健康でいたいです!!

そして私の母のように
周りに良い影響を与えられるような
人間になりたいものです。

あなたはどうですか?

少しでも私と同感なのであれば、
健康でい続けるための努力を
少ししてみませんか?

自分の体について
問題意識を少し持ってみませんか?

そうすれば
必ず明るい未来が待っていますよ!!

今回は
『Uenishi整体院院長が考える健康とは?』
についてお話しました。

この記事が
あなたの実生活にもお役に立ちますように。

コメント

    • 池野富美代
    • 2019.06.02

    坐骨神経痛で太もものつけねが痛いのか腰が痛いのか?施術してもらって二回めで、まだ長時間座って歩くのは痛いですが、バドミントンをしていてふくらはぎの筋肉が断裂して動くのが怖かったのですが先生にテーピングをしてもらって試合に参加しました。気にせずにすごく動けて大丈夫でした❗️ありがとうございます🎵

      • takashi
      • 2019.06.04

      池野様
      メッセージありがとうございます。
      3試合というハードな内容だったので少し心配していましたが、それは良かったです!
      やはり、足裏の接地はとても大切ですね。テーピングすることで足全体で踏ん張れるようになったので、下半身の負担がかなり減ったんだと思います。
      ここからさらに体の姿勢バランスを整えて、もっと動けるようになりましょうね!