自律神経の乱れによる病気発生のメカニズム

自律神経

こんにちは。
大阪本町の慢性腰痛、膝の痛み専門整体院Uenishi(うえにし)整体院院長の上西です。

今回は、
「自律神経の乱れによる
病気発生のメカニズム」
についてお話していきたいと思います。

交感神経、副交感神経の役割について
まだ見ていない方はこちらも
ぜひチェックしてくださいね。

「自律神経の役割、交感神経と副交感神経とは??」

健康であり続けることに
多くの関心をお持ちの方に
ぜひ知っていただきたいのが
自律神経のこと。

細かいことは難しいので
できるだけ分かりやすく
簡単にお話しします。

あなたを含め多くの人が
いつまでも健康でありたいと願います。

そして、少しでも健康に良い食べ物や
運動などをメディアからの情報をもとに
取り入れたりして健康を保とうと
努力しているはずです。

そんなあなたに体の仕組みの原理原則を
知っていただくことで健康管理が
より効率よくできるヒントをお届けします。

人間の体で最も大切な機能は
免疫系と自律神経の働き
この2つです。

これが健康を司っているといっても
過言ではありません。
それぐらい重要なので
ぜひ知っておいてください。

以前のブログで
交感神経と副交感神経の役割
についてはお話しました。

ではこの自律神経の乱れが何によって
おこるのか、どのようにして
病気になっていくのか

そしてそれを整える方法は
どうすればいいか
それを説明していきたいと思います。

準備はいいですか??

では、
自律神経は何によって乱されるのか??

それは言うまでもなくストレスですね。

ここで言うストレスは
一時的なものではなく長年続く
ストレスのことです。

◆長時間のハードな勤務
◆上司や同僚との人間関係
◆親子関係
◆嫁姑問題
◆プライベートでの心配ごと

そして実は
携帯、パソコン、Wi-fiの電磁波
も自律神経を乱します。

ストレスがかかると人間の体は
交感神経が働きだします。
心拍数や脈拍が上がったり
血糖値の上昇、血圧の上昇が起こります。

いわゆる興奮状態ですね。

経験したことがありませんか?
仕事のことを考えすぎて
夜寝れなくなったこと!!

これは自律神経の日内リズムで
休息のために交感神経優位から
副交感神経優位の状態に体が
シフトするはずが

切り替えができなくなってしまって
いるために覚醒状態がつづき
眠れなくなっているのです。

これが、2、3日や1週間と
一時的なものなら何の問題もありません。

しかしこの生活が半年、
1年続くとどうなるか?

「最近眠りが浅い」「長い時間寝れない」
ひどくなると
「睡眠導入剤を服用しないと寝れない」
こんなことになってしまいます。

他にもあります。
交感神経の働きのひとつに
血圧上昇があります。

交感神経優位により血圧が高い状態が
長く続くということは、血管に対して
長年ダメージがかかっている
ということです。

そうすると最初は弾力性があった血管も
次第に弾力性がなくなってきて
慢性的な高血圧に入っていきます。

これが動脈硬化というやつですね。
動脈硬化は脳血管疾患のリスクがあるのは
言うまでもありません。

そして医者から血圧を下げる薬を
死ぬまで飲まないといけないと
言われることになってしまいます。

もちろん血管年齢は若い方が良いですよね。
多くの方が老化が原因だとか思っている人が
多いですが、私はそうは思いません。

これは年齢と比例するというより
生活の質によって決まるといっても
過言ではありません。

このように病気の体は長年かけて
出来上がっていきます。

睡眠障害や高血圧を例に挙げましたが
交感神経優位の状態が長年続くと
ほかにもたくさんの症状や
病気のリスクがあります。

たとえば

糖尿病やガン

これらも交感神経緊張状態が
長年続いた結果起こる病気です。

えっ!?そうなの??
とお思いですか?

しかしこれは本当です。
食生活も大事ですがこちらのほうが
より病気に直結する問題です。

それはストレスが
自律神経との結びつきが強く比較的早くに
体に影響を及ぼしやすいからです!!

人間関係や職場でのプレッシャーなど

様々なストレスが
世の中には溢れていますし
誰でもストレスは感じたことは
あるでしょう。

問題はストレスを強く感じている生活が
長年続いていることです。

もっと悪いのはその生活が普通だと感じ
マヒしている人。

意識レベルでは何も感じないので
自分自身は健康だと思っている
これが一番やっかいです。
体は確実に蝕まれていきます。

自律神経が行なっているのは

呼吸や心拍数の生命にかかわるものから
消化吸収や血糖値の調節、体温調節など
多岐にわたって繊細かつ複雑な仕事を
一手に引き受けています。

これが交感神経、副交感神経
これらたった2つによって
綱引きのように行なわれているんです。
原理はきわめて単純ですね。

この単純でかつ繊細な機能を正常に
整えるためにはどうすればよいか?

それは毎日の生活、考え方を見直すこと!!

無理のかかった生活や、考え方の偏りが
結局は自分の体にダメージを与えている事に
いち早く気づくこと!!
これは大げさでも何でもありませんよ!!

だから病気になったり余命宣告されてから
慌てる事になるんです!!

あなたはどうですか??

病気は因果の法則で成り立っています。
自分の生活はいまの自分の考え方で
作られています。

一見変えられない
無理だと思っていても
その気になれば工夫次第で
何とかなるものです。

その事は私が経験から
かなり実感しています。

家族や同僚に
聞いてみるのもよいでしょう。
自分を客観的な視点で
見る事ができますよ!!

今症状がある人は一日でも
早いほうがいいです。
ぜひ参考にしてみてください。

また病気の因果関係については
いろいろ書いていこうと思っています。

悪い食生活は体をどのように蝕むのか?
ガンと免疫系との関係は?など

楽しみにしていてください!!

 

施術メニュー

 

 

 

往診にも対応致します

仕事で忙しかったり、体が不自由で当院まで来ることができない方には、往診も対応しております。

往診施術受付地域
大阪市淀川区、北区、福島区、中央区、西区、浪速区、天王寺区

その他の地域で往診を希望される方はご相談ください。

※往診施術には施術料に別途往診料、交通費がかかります。詳しくはお問い合わせください。

 

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約は、こちらをタップすれば簡単に行えます。ご質問も承っておりますので、お気軽にどうぞ。

なお、施術中の際は電話に出れないことがあります。ご了承くださいませ。

その際はこちらから折り返し連絡をさせていただきます。

 

 

メールでもご予約、ご質問ができます。下のバナーをタップしていただければ、お問い合わせフォームに移動します。

 

 

LINE@でもご予約が可能です。また定期的に院長から最新の健康情報が送られてきますので、ぜひご登録をお願い致します。

 

 

Uenishi整体院は地下鉄御堂筋線本町駅から徒歩2分、淀屋橋駅から徒歩5分、心斎橋駅から徒歩10分の好立地にあります。

当院は骨格のゆがみを正すことに特化した整体院で、骨盤矯正、姿勢矯正、骨盤ダイエットなどを行なっています。

また、、睡眠障害、むくみ、低体温症、冷え性、自律神経疾患に対して自律神経や内臓の調整をしております。

・慢性の腰痛、膝の痛みを良くしたい
・骨盤矯正で姿勢を整えたい
・新陳代謝を上げてダイエットをしたい
・冷え性、むくみを根本改善したい
・睡眠障害をから解放されて、良い眠りにつきたい
・糖尿病や重度のアトピーを薬を使わず改善したい
・今の病院、整骨院、整体院の治療では満足していない

そのような方は、ぜひ一度当院の施術を受けに来てください。

延べ45000人の施術経験があなたのお役に立ちます。

コメント