膝痛

膝の内側に痛みが出やすい原因について

「階段を降りるときに膝の内側が痛い!」
「深くしゃがんだ時に膝の内側がズキズキ痛む…。」
「あぐらをかくと膝の横が痛い!」

このように脚を曲げたときに膝の内側に痛みが出ることはありませんか?

多くの人がお困りの膝痛。

実は大多数の人が内側に痛みを訴えることが多く、また治りにくいのが特徴です。

このページでは膝の内側に痛みを起こす原因についてお話していきます。

 

そもそも膝は痛みが起きやすい関節だった!?

その原因のひとつは、脚の骨の角度に原因があります。

脚というのは、大腿骨(太ももの骨)と下腿骨(すねの骨)という二つの骨で繋がってできているのですが、この骨同士は真っ直ぐに繋がっている訳ではありません。

大腿骨の方が少し外に傾いているのです。

脚の骨の形

これによって膝関節にはどうしても内側に力が伝わりやすく、痛みが出る時は内側に出やすくなります。

 

もうひとつは、膝を曲げたときにかかる膝関節への負荷が大きいことです。

膝を曲げてしゃがんだ時、膝が伸びきっている時と比べて約3倍もの負荷が膝関節にかかっているのです。

あなたの体重が60kgだとすると膝を曲げたときには180kgもの負荷がかかっていることになります。

日常生活で膝の曲げ伸ばしをしない日はないですから、普段からどれだけの負担が膝にがかかっているか、容易に想像できると思います。

 

膝に痛みが発生する引き金とは?

ここまでで、膝というのは痛めやすい関節で、その理由が構造的な理由と機能的な理由、2つあることがわかりました。

これに加えて、ある事が引き金になって膝の痛みは起きてしまうのですが、それについてお話しします。

結論から言うと、膝の痛みが起こるきっかけとして、股関節や骨盤に問題が起きます。

骨盤や股関節に何らかの問題があり、それが発端となって膝関節にかかる負荷が倍増し、膝関節が耐えられなくなった時に、痛みに発展するということです。

具体的には”ゆがみ”と”ズレ”です。

このゆがみとズレによって、骨盤や大腿骨の位置、角度が変わってしまいます。

これが安定していた、下半身のバランスを崩してしまうのです。

骨盤や大腿骨にこの問題が発生してしまうと、たとえどんなに膝に手当てを施しても痛みは一向に引かず、慢性化の一途を辿ってしまうのです。

 

膝の痛みが続く事で起こり得る膝内部の問題

 

骨どうしがぶつかってしまう

膝関節の変形

正常な膝の場合膝関節内では骨同士には隙間があり、本来は当たることはありません。

しかし膝の内側の骨どうしが近づいたりくっついてしまう事があります。

レントゲンで確認するとはっきりわかります。

実生活としては階段を下りるときに体重が膝にかかると痛みが出ると言う症状の人に多い現象です。

 

半月板が挟まれて壊れてしまう

半月板の挟み込み

膝関節内には衝撃吸収のため半月板という組織があります。

本来は膝関節内の隙間を埋めたり膝のクッションとなっているのですが、半月板ずれてしまい骨と骨の間で挟まってしまいます。

半月板は柔らかい組織なので挟まれ続けるとやがて壊れてしまいます。

これを「半月板損傷」と言います。

 

膝の内側靭帯を痛めてしまう

膝関節の内側には脱臼を防ぐために靭帯がついていますが、膝に負担がかかり続けているとこの靭帯を痛めてしまうことがあります。

一度損傷してしまうと、痛みや腫れで歩けなくなってしまうほどになります。

 

膝の痛み改善するための第一歩

膝の内側の痛みを取るための第一歩としてまずは専門家に股関節と骨盤の状況を確認してもらうことをお勧めします。

骨盤や股関節に歪みがあれば、それをクリアにすることで今までにかかっていた膝への負担は一気に減ります。

是非この機会にお近くの整体院で見てもらってはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。