椎間板ヘルニアが原因と思っていた太もものしびれ。実は…?

坐骨神経痛の男性 坐骨神経痛

こんにちは。

大阪本町の骨格矯正専門整体院Uenishi(うえにし)整体院院長の上西です。

今回のテーマは
「椎間板ヘルニアが原因と思っていた太もものしびれ。実は…?」
についてお話していきたいと思います。

太もものしびれなど、坐骨神経痛を訴えている方が病院や治療院で検査してもらったら、椎間板ヘルニアと診断されることがよくあります。

そのせいで、今起こっているしびれの症状が椎間板ヘルニアが原因だと信じてしまっている人がとても多いんです。

確かに椎間板ヘルニアになるとその症状のひとつとして坐骨神経痛などの症状を起こすことがありますが、果たしていまあなたが悩んでいるその坐骨神経痛は本当に椎間板ヘルニアのせいでしょうか?

今回はそんな腰痛の盲点について実際の施術でのお話しをさせて頂きます。

 

院長先生

こんにちは。

今日はどうされましたか?

もともと持病で腰痛を持っているんですけど、先日仕事のイベントで100個以上の風船を一人で膨らませてそれから腰が動かなくなったんです。

 

いまは右足の太ももの裏ぐらいまでしびれがあります。

院長先生

この症状は今回が初めてですか?

いえ、ひどくなるときはぎっくり腰が年に何回かあってそのときは大腿部のしびれも出ますね。

 

前に病院で椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と診断されたことがあるのでそのせいかと。

院長先生

なるほど。そのとき画像の検査は何をしてもらいましたか?

 

レントゲンを撮ってもらいました。

院長先生

MRIは??

なかったと思います。

院長先生

なるほど。

で、今はどういう姿勢を取ると症状が強くなりますか?

歩いたり、体を反ると太ももにしびれが出ます。

院長先生

実際にどんな姿勢を取った時に起こりますか?

しびれが出たらそこで止めてもらっていいので再現してもらってもいいですか?

こうやって…。

あっ、もうこれ以上いくとダメです!!

院長先生

はい、わかりました。ありがとうございます。

でもよくこの状態で生活していましたね。

きついときは近所の整骨院に行ってマッサージしてもらうんですけど、その時はなんとなく良くなるのでそれでなんとか過ごしてました。

院長先生

そうですか。大体わかりました。

では少し体を診せてもらいますね。

 

検査中…。

 

院長先生

このあたりは痛みますか?

あっ痛いです!!

院長先生

ここは?

そこも少し痛いですね。

院長先生

なるほど。

まず、病院の検査でレントゲンは撮ったけどMRIは撮ってないんですよね?

 

その時点では今の症状が椎間板ヘルニアによるものかどうかっていうのははっきり分からないんですよ!

 

椎間板ヘルニアの疑いがあるかも?ぐらいでしょうかね。

えっ、そうなんですか?

院長先生

はい、そうです。

それにこの状況だとこの坐骨神経痛のような症状は椎間板ヘルニアが原因だとは言い切れないですよ!

 

実際、骨盤と腰椎のこの部分と背骨この3ヶ所に動きの悪い骨があります。

 

特に腰椎と骨盤部分の歪みが強くて、周りの筋肉がかなり緊張してますからここが腰痛や大腿部のしびれの原因ではないかと思います。

 

おそらくぎっくり腰も…。

そうなんですか?良くなりますかね?

院長先生

可能性は十分にあると思います。

 

実際にこれだけ腰がねじれると椎間板にも相当な負担がかかってますし良くないですね。

そうなんですね。

院長先生

では調整していきますね。

お願いします。

 

施術中…。

 

 

院長先生

さあ、立ってみてください。

さっきと起き上がりがぜんぜん違う!

腰も普通に反れるし!

院長先生

右の太もものしびれはどうですか?

はい、だいぶましです。

えっ、じゃあ椎間板ヘルニアはこれで治ったってことですか?

院長先生

いいえ。今回のケースでは、この大腿部のしびれは椎間板ヘルニアが原因ではなかったんでしょう。

そんなことってあるんですか?

院長先生

はい結構ありますよ。

椎間板ヘルニアが誤診ではないんですが、軽いヘルニアの場合はしびれなどの症状を出さないことがあるんです。

 

ヘルニアとは別の原因、今回は骨盤の歪みによって太ももにしびれが出ていたんだと思います。

 

しかし椎間板ヘルニアを放っておいて悪化して、神経の圧迫を本格的に起こしたらこんなものでは済まないですよ!

 

だから今のうちに腰の負担をしっかり減らしていけるように治療していきましょう。

そうなんですね。わかりました。

これからしばらくお世話になってしっかり治していきます。

 

とここまでが、やり取りです。

このように、椎間板ヘルニアではなく骨盤の歪みが原因で太もものしびれのような症状を出している場合もあります。

仮にヘルニアがあったとしてもそれが実際に神経を圧迫していなければ、坐骨神経痛の原因だとはっきり言えないという事です。

これはお医者さんでも判断できないことがあります。

よって、医師に椎間板ヘルニアと診断されて手術を勧められた時でも、簡単に行なってはいけないのです。

この方のケースは手術を勧められなかったので良かったですが、MRIを撮って椎間板ヘルニアが確定診断されると、症状によっては手術を勧められるケースもあります。

患者さんも「今の辛さが無くなるのなら」と思い切って踏み切る方もいらっしゃいますが、私は当院に来られた患者さんには「手術は簡単に決断してはいけない」と伝えています。

なぜなら、

✔︎一度手術をすると元に戻せない
✔︎手術をすることで更なるリスクを負うこともある(後に関係ない他の部分にしびれが出るケースもある)
✔︎手術を行っても痛みやしびれが取れないこともある

というリスクがあるからです。

手術の選択は最後の最後!ぜひ慎重に判断をしてほしいと思います。

もし今あなたが足にしびれや痛みの症状をお持ちで、過去に椎間板ヘルニアと診断されたことがあるのなら、ぜひ一度私までご相談ください。

コメント