膝の痛みが関節注射しても治らない本当の訳!!

膝の痛み

こんにちは。
大阪市心斎橋で骨盤矯正、
骨盤ダイエット整体院を運営している
鍼灸整骨院リボン院長の上西です。

今回のテーマは
『膝の痛みが関節注射しても治らない本当の訳!!』
についてです。

 

注射

 

痛みで苦しんでいる方はほんとに多いです。

中でも下半身の痛み。
体を支える上で腰、膝は健全でなければ
歩くことも、物を持つことも
運動をすることも難しくなり
日常生活が普通に過ごせなくなります。

今回はその中で膝の痛みについて
フォーカスします。

膝が痛い患者さんのアンケートの統計で
関節痛でお悩みの方が平成26年の段階で
125万人もいらっしゃいます。

そして、膝の痛みのある方の約半数以上の方が
40代、50代で痛みを感じ始めているそうです。

しかしなんと!?
「病院に行くほどでもない」
「我慢できる痛みだから」

という理由で76.9%の方が病院には行かず
自己流で対処しているという現状。

エーッ!?これにはビックリしました!!

そして…

 

これからのシニアライフでやりたいこと

計画していることの第1位は

「旅行」(81.9%)
圧倒的ですね。

次いで
「体力づくり」(30.7%)
「ボランティアや地域の活動」(27.1%)

旅行に行くなど、活動的な生活を
楽しみたいシニアが多いことがうかがえます。

年齢を重ねても気持でまだまだ若い方が
増えてきたのはよいことでしょう。
しかしそれが膝の痛みのせいで
妨げられたらどうしますか??

 

膝が痛くてつらいことは??

階段の上り下り 51.9%
和室での生活  28.4%
遠くへの外出  17.8%
車の乗り降り   6.5%
掃除       6.4%
買い物      4.2%

 

このデータを見ると
膝が本格的に痛くなると
旅行どころか
日常生活レベルですら
支障をきたすようになるということです。

これを見せ付けられると
もう放っておくことはできないでしょう!!

ではどのように予防、治療したらいいのか
というのが課題になりますね。

 

膝痛は治療次第で良くなりますよ!!

 

これが私の率直な感想です。
私がそのような患者さんを診てきた経験から
肌感覚で感じ、言えることです。

皆さん正しい治療や情報に出会うことなく
現在に至っているようです。

仕方なく、変化がないが現状の治療を
続けざるを得ないか
放っておくしか仕方ないというのが
本音ではないでしょうか。

ポイントは因→果です
原因があっての結果です。
原因のない痛みなんてありえません。

だから原因を取り去ってあげることで
痛みはなくなります。
この法則をしっかりと理解しましょう。

実はその原因部分はほとんどの場合
痛みが出ているところには
なかったりします。

それを受け入れる事が出来れば
治癒に大きく一歩近づく事が出来ますよ!!

 

膝痛患者さんを診ていて疑問に思うこと。

 

膝が痛くなって
まず相談する先は病院でしょう。

しかし、結果として
病院に行って治らなかった方が
当院に治療に来られています。

残念ですが、病院に通っても
治らなかったそうです。

病院で患者さんが受けられる
一般的な治療は

レントゲン
ヒアルロン酸注射
湿布などの投薬

になります。

いずれも膝周りの検査と
膝の治療がメインです。

ほとんどの方が問診の際
膝をぶつけたり
ひどくひねったりしたような
記憶が無いと言われます。

いわゆる膝に明らかな外傷がない訳ですね。
本来膝そのものを治療するのは
そういう時なのですが
なぜか整形外科では膝周りの治療ばかりをやります。

ここで疑問を感じるのは私だけでしょうか??

 

痛みの一番の原因が『老化』や『使いすぎ』というのは真っ赤なウソ!!

 

病院で治療を続けても結果が伴わない場合
やはり患者さんは原因が気になります。

お医者さんに聞いたときに
ほぼ返ってくる答えが
『老化』『使いすぎ』です。

確かに膝痛の原因のひとつではありますが
一番の原因ではありません。

それが本当だとすると
だれでも必ず40,50代で
膝痛が起こるという事になります。

『膝痛にならない人はならない』
という所がポイントです。

膝痛にならない人は実際にいて
それにはちゃんとした理由があるんです。

 

本題!!なぜ膝が痛くなるのか??

 

人間の体というのは本当に無駄がなく
実に合理的にできています。

人間は常に外的の刺激を受けていますが
正常な状態では力を逃がしたりして
うまくその衝撃を緩衝するように
できているんですよ!!

しかし、持続的または反復的に
同じ刺激を受け続けると
関節がずれたり、ゆがんだりします。

持続的というのは例えば
長時間座りっぱなし
立ちっぱなしでの体重負荷になります。

反復的というのは例えば
スポーツや仕事での片側ばかり使うとか
こちらから動くといった
動作ぐせになります。

これが発端です。

こうなると関節本来の動きが
できなくなってしまうんです。

たとえば仕事の影響で座りっぱなしが続き
結果骨盤がゆがんだとします。
そうなると股関節の動きは
60%~70%まで減ってしまいます。

話は変わりますが、

歩くという動作は
股関節、膝関節、足関節と
すべての関節が正常に動いて
正しく歩けるのですが、

股関節が70%しか動かない状態で
歩行をすると残りの30%を
膝関節と足関節で
補わなければならなくなります。

膝関節は足関節よりも
一般的に遊びが大きいので
膝関節でその動きを補ってしまいます。
するとどうなるか??

膝関節が余計に動きすぎないと
いけなくなってしまいます。

駅のホームとかで見かけないですか?

□お尻が前後に動きながら歩いている人!!
□また内股や、がに股になって歩いている人!!

あれは股関節が動いていない人の歩き方です。

最初はそれでも支障がないので
歩けるのですがずっとは持ちません。

やがて膝の靭帯は徐々に伸ばされ
関節の摩擦も大きくなり壊れていく。
これが私の描く膝痛のシナリオです。

30代で無理をされその負担が
じわじわと年月をかけて
ゆっくりと起こったというのが
自然ではないかと考えています。

要するに
長年の負担に膝が耐え切れず
壊れてしまったというのが
本質ではないでしょうか??

その場合、膝は治療するよりも安静です。

それなのに治療院に行くと
膝に注射をしたり
リハビリといって
ストレッチをしたりするんです。

あなたはこれを聞いてどう感じますか?

 

痛みが出だしたら遅いぐらい!!早めに対処しましょう!

 

自覚症状がないので
自分で気づくには難しいです。

仮に痛みが出たときは我慢せずに
すぐに専門家に診てもらう事を
おすすめします。

健康に対して問題意識をお持ちの方は
定期的に自分の体をメンテナンス
するのがよいでしょう。

そうすることで将来、関節症のリスクを
大幅に減らす事が出来ますよ!!

ひとつしかない自分の体のこと
一度真剣に考えられてみてはいかがでしょうか??

 

施術メニュー

 

 

 

往診にも対応致します

仕事で忙しかったり、体が不自由で当院まで来ることができない方には、往診も対応しております。

往診施術受付地域
大阪市淀川区、北区、福島区、中央区、西区、浪速区、天王寺区

その他の地域で往診を希望される方はご相談ください。

※往診施術には施術料に別途往診料、交通費がかかります。詳しくはお問い合わせください。

 

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約は、こちらをタップすれば簡単に行えます。ご質問も承っておりますので、お気軽にどうぞ。

なお、施術中の際は電話に出れないことがあります。ご了承くださいませ。

その際はこちらから折り返し連絡をさせていただきます。

 

 

メールでもご予約、ご質問ができます。下のバナーをタップしていただければ、お問い合わせフォームに移動します。

 

 

LINE@でもご予約が可能です。また定期的に院長から最新の健康情報が送られてきますので、ぜひご登録をお願い致します。

 

 

Uenishi整体院は地下鉄御堂筋線本町駅から徒歩2分、淀屋橋駅から徒歩5分、心斎橋駅から徒歩10分の好立地にあります。

当院は骨格のゆがみを正すことに特化した整体院で、骨盤矯正、姿勢矯正、骨盤ダイエットなどを行なっています。

また、、睡眠障害、むくみ、低体温症、冷え性、自律神経疾患に対して自律神経や内臓の調整をしております。

・慢性の腰痛、膝の痛みを良くしたい
・骨盤矯正で姿勢を整えたい
・新陳代謝を上げてダイエットをしたい
・冷え性、むくみを根本改善したい
・睡眠障害をから解放されて、良い眠りにつきたい
・糖尿病や重度のアトピーを薬を使わず改善したい
・今の病院、整骨院、整体院の治療では満足していない

そのような方は、ぜひ一度当院の施術を受けに来てください。

延べ45000人の施術経験があなたのお役に立ちます。

コメント