自律神経の要である交感神経と副交感神経の重要な役割とは?

自律神経の働き 自律神経

こんにちは。
大阪本町の慢性腰痛、膝の痛み専門整体院
Uenishi(うえにし)整体院院長の上西です。

今回のテーマは「自律神経の要である
交感神経と副交感神経の重要な役割とは?」
についてお話していきたいと思います。

柔道整復師の私がなぜこのようなテーマで
書こうと思ったのかお話しますね。

毎日患者さんの体を診ている中で、極度に
体が消耗されていたり体が冷えていたり
することがよくあります。

運動で一時的に疲れたり
寒い所で一時的に体が冷たく
なっているのとはわけが違います。

そのような状態が長く続いていて
東洋医学で言う「未病」(みびょう)
の状態ですね。

これは自律神経の乱れが原因で
起こっているのです。

おそらくこんな方が多いんじゃないかな
と感じ、まず自律神経の役割の重要性や
乱れる原因などをお伝えすることで
知識を深めてもらおうと思いました。

まずは交感神経と副交感神経の役割から
お話してそこから病気との因果関係に
入っていきたいと思います。

ぜひご自身の生活にお役立てください。

 

自律神経の役割、交感神経と副交感神経とは?

自律神経の働き

自律神経とは
運動神経や感覚神経とは別のもので
人間の生命維持のために意識がなくても
自動で働く神経のことです。

たとえば、
血圧、脈拍、呼吸、
消化器の働きや血糖値、
発汗やふるえなどの体温調節など

そのほかにもたくさんの仕事を
担っています。

いわば自律神経の作用があるからこそ
生きていけるのです。

こんなに多岐にわたることを
行なっているにもかかわらず
原理は極めて単純で

交感神経と副交感神経

たったこの二つの神経の
絶妙なバランスよって
綱引きのように調節されているのです。

自律神経のバランス

よって交感神経が強くなると副交感神経は弱く、
副交感神経が強くなると、交感神経は弱く

という風に、それぞれが
アクセルとブレーキの役割をしています。

そのことによって人間は活動と休息を
しっかりと分けてできるのです。

それではこの交感神経、副交感神経
それぞれの仕事について
お話していきたいと思います。

 

交感神経とは

プレゼンをする男性

自律神経のさまざまな仕事の中で
交感神経の役割というのは、

血圧上昇
脈拍増加
瞳孔散大
血管縮小
血糖値上昇
気道拡張など

他にもたくさんありますが
危険を感じたときや集中するとき
いわゆる覚醒時に働く神経と
思っていただいていいでしょう。

緊張、イライラ、興奮、闘争、逃走
このようなときに自律神経は
交感神経のほうに針が振れ
上記のような体の反応として現れます。

 

副交感神経とは

寝ている犬

血圧下降
脈拍減少
瞳孔縮小
血管拡張
血糖値下降
気道縮小など

交感神経とは真逆の作用があります。

リラックスしているときや
休みの日や、眠る時には
この副交感神経が主に働いています。

しかしこの針が触れすぎると、
無気力、脱力感、やる気が出ないなど
日常生活を起こせないような問題が起こります。

 

交感神経と副交感神経の切り替わりには一定のリズムがある

人間の体が正常に働いているとき
これらは頻繁に切り替わって
体の健康状態をキープしているのです。

そしてこれらは1日の中でリズムがあり
また1年の中でもリズムを持って動いています。

どういうことかというと
1日の中では朝起きたときには
交感神経にスイッチが入り
日中の行動時はそれがメインに働きます。

そして夜になるとそのスイッチが
徐々に入れ替わり副交感神経が
メインに働き始め就寝します。

1年の中では比較的春から夏にかけて
副交感神経が活発になりやすく
秋から冬になると交感神経が活発に
なりやすいというのがあります。

仕組みは単純ですが緻密に制御
されているのがお分かりだと思います。

 

環境の変化に適応し続けるには、自律神経の力が不可欠!

このように環境が変化しても
それに適応して生きていけるのは
自律神経のおかげなのです。

それは精神状態の調節というのは
自律神経の機能の一部で、

そのほかにもたくさんの機能の調節を
していることが分かります。

 

血圧は交感神経が働くと上がり、
副交感神経が働くと下がる。

体温は交感神経が働くと上がり、
副交感神経が働くと下がる。

筋肉は交感神経が働くと緊張し、
副交感神経が働くと柔らかくなる。

呼吸は交感神経が働くと早くなり、
副交感神経が働くとゆっくりになる。

消化は交感神経が働くと抑えられ、
副交感神経が働くと活発になる。

発汗は交感神経が働くと促進し、
副交感神経が働くと低下する。

血管は交感神経が働くと収縮し、
副交感神経が働くと広がる。

外部環境が変化しても
体の中で細かな変化が起こっており、

常に体内の恒常性(常に体の内部を一定に保つ働き)
が維持されるようなシステムになっています。

これが自律神経の最大の役割です。

これを見ると薬以上の働きをしています。

そのように考えると
薬で血圧や消化をコントロールすると考えるよりも、

自律神経の機能を正常にして、
自分の力で体をコントロールすることの方が
体にとっては絶対に良いと言えますね。

 

まとめ

ここまで、自律神経とは
交感神経と副交感神経の2つがあって、

集中したり、リラックスしたりなどの
精神状態の維持のために細かな調節を
していることが分かりました。

そして1日の中で、また一年を通しても
リズムがあるということでしたね。

じつはこの自律神経の調節が
うまくいくかそうでないかによって
健康であれるか病気になるかが
決まるといっても過言ではありません!!

これが一般に言われている
自律神経の乱れによる不調ですね。
その中で自律神経失調症が有名で
一度は聞かれたことがあると思います。

実はそれだけが自律神経の病気ではなく
一般的に病名が付いているような
メジャーな病気も元をたどれば、この
自律神経の乱れが関係しているんですよ!!

では自律神経が乱れると
どんな病気につながるのでしょうか?

そんな自律神経の乱れによる
病気発生のメカニズムに関しては
こちらでお話ししています。

自律神経の乱れによる病気発生のメカニズム

 

自律神経整体バナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ご予約・お問い合わせ

お電話はこちら

うえにし整体院へのお問い合わせ

公式LINE@

LINE@友達募集

メール

腰痛・膝の痛み専門サイト

自社サイトバナー

Uensihi整体院の施術メニュー

骨盤矯正

骨盤矯正

骨ダイエット

骨ダイエット

猫背整体

猫背整体

O脚整体

O脚整体バナー

外反母趾整体

外反母趾整体

関節痛改善整体

関節痛改善整体

Kids整体

キッズ整体

自律神経整体

自律神経整体

自律神経
takashiをフォローする
Uenishiうえにし整体院|大阪本町の骨盤猫背矯正整体

コメント