膝の内側の痛みは足の魚の目と大きな関係があった!?

膝の痛み

こんにちは。

大阪本町の慢性腰痛、膝の痛み専門整体院Uenishi(うえにし)整体院院長の上西です。

今回は、
「膝関節の内側の痛みは足の魚の目と大きな関係があった!?」
についてお話しします。

私の整体院でも、原因不明の膝の内側の痛みで
お悩みの方がたくさん来られます。

その中の一つの症例について
お話しをさせていただきます。

 

324491

 

今回のケースは
50代男性の営業職の方の症例です。

〈上西〉
どうされました?
かなり痛そうですけど。

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
いや先生、聞いてください。
昨日朝起きたときから急に右膝が
痛くなってきまして。

〈上西〉
えっ!?急にですか??

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
そうなんです。

〈上西〉
どうすると痛みが出ますか?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
膝を屈伸するときも痛いですし
今は歩くのも痛いです。

〈上西〉
前日にぶつけたとか捻ったとか
そんなことはなかったですか?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
いえいえ、まったくないです!!

〈上西〉
そうですか?
まず膝を見せてもらえますか?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
はい。

〈上西〉
どのあたりが痛むんですか?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
膝のお皿の内側ですかね。

〈上西〉
このあたり??

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
あっ、そうそう。そこです。

〈上西〉
んーっ、やはり特に膝の腫れなどもないですね。
今までに膝の内側が痛くなったことは?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
いや、一度もないですね。

先生、これ整形外科に行ってレントゲンを
撮ってもらったほうが良いですかね?

〈上西〉
でも捻ったり、ぶつけたりしてないんでしょ?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
はい…。

〈上西〉
たぶん、整形外科行ってレントゲンを撮っても
「膝には異常なし」って言われて
湿布薬を渡されるのがオチだと思いますよ!

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
えーっ!?

〈上西〉
まっ、とりあえず診てみましょう。

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
よろしくお願いいたします。

検査中…

〈上西〉
膝を曲げてみますね。

このあたりから痛くなりますか?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
その辺から痛いです。

〈上西〉
少し、足裏を見せてもらえますか?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
えっ? あっ、はい。

先生、私右足に魚の目ができているんですけど、
それが痛くて困ってるんです。

〈上西〉
あっ、この魚の目ですか?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
そうです。

〈上西〉
これじゃ痛くて足の外側に体重
掛けられないんじゃないですか?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
そうなんです。

〈上西〉
なるほど、大体分かりました。

膝の内側の痛みの原因は
この魚の目が関係していますよ。

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
えーっ!?どうゆうことですか??

もっと言うとその魚の目の原因は
骨盤や股関節にあるはずです!!

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
そんなに複雑なんですね?
体ってそれぞれが繋がってるんですね。

〈上西〉
そういうことです。
では、始めていきます。

施術中…

〈上西〉
はい。
では、立ってみてください。

ゆっくりと屈伸をしてみてください。

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
あっ、大丈夫です。
まだちょっと痛いけどぜんぜん曲げれます。

〈上西〉
良かったですね。

ではなぜ膝の内側に痛みが出てしまったのか
説明しますね。

まずこの魚の目。
魚の目ができる原因は、足裏の一点に体重が集中
しているからそこに圧力が集中してしまうからです。

足裏に均一に体重が載っていない、
ということは歩くときに足の接地が
内側や外側に偏って歩いてしまっています。

そうすると結果的にねじれ歩行を起こしてしまって、
膝関節にねじれの力が伝わってしまうのです。

そしてそうなった原因は骨盤の歪み、そして
股関節の動きの悪さから脚をまっすぐ出せない
ことから始まっているんです。

そうして結果的に膝の内側に負担が集中して
痛みが出たんだと思います。

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
なるほど、よく分かりました。
そんなことが体に起こっていたのは全く
気づかなかったです。

〈上西〉
だから今回は原因の大元となる骨盤の歪み、
股関節の動きの悪さを整えましたから
膝が本来の動きを取り戻すことができたと言うわけです。

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
ありがとうございます。

でもひとつ疑問なことがあるのですが、
この魚の目は治らないんですよね?

〈上西〉
いえ!!
骨盤の歪みが良くなって歩行が正しくなれば、
足裏の接地が正しくなるので魚の目は
自然に消えていくと思いますよ!

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
あんなに長年悩まされていた魚の目が
そんな簡単に消えるんですか?

〈上西〉
今まで原因の解決ができていなかったから
治らなかっただけの話です。

魚の目ができる原因が解決されたら、
魚の目が消えることは当然でしょ?

〈膝関節の内側に痛みがある患者様〉
確かにそうですね。

えーっ!!
長年の悩みだった魚の目がなくなるなんて嬉しい!!

これからが楽しみです!!

 

と、ここまでが患者さんとのやり取りです。

 

膝関節の内側の痛みの原因をまとめると??

 

 

今回のケースは、骨盤の歪みが股関節の動きを悪くしてしまって
歩行時の足の接地に影響を及ぼした。

そうして魚の目ができ、膝関節のねじれによって
膝に負担がかかって内側に痛みが出た
と言うことです。

歩行障害が起こる魚の目が出来やすいことはあまり知られていません。
足裏のタコも同様の原因で起こります。

今回は、
「膝関節の内側の痛みの原因が分からない人へ。
実は足の魚の目と大きな関係があった!?」
というテーマでお届けしました。

足裏にタコや魚の目ができている人、
そして膝関節や股関節、腰に痛みがある人は
ぜひこの内容を参考にしてくださいね。

 

施術メニュー

 

 

 

往診にも対応致します

仕事で忙しかったり、体が不自由で当院まで来ることができない方には、往診も対応しております。

往診施術受付地域
大阪市淀川区、北区、福島区、中央区、西区、浪速区、天王寺区

その他の地域で往診を希望される方はご相談ください。

※往診施術には施術料に別途往診料、交通費がかかります。詳しくはお問い合わせください。

 

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約は、こちらをタップすれば簡単に行えます。ご質問も承っておりますので、お気軽にどうぞ。

なお、施術中の際は電話に出れないことがあります。ご了承くださいませ。

その際はこちらから折り返し連絡をさせていただきます。

 

 

メールでもご予約、ご質問ができます。下のバナーをタップしていただければ、お問い合わせフォームに移動します。

 

 

LINE@でもご予約が可能です。また定期的に院長から最新の健康情報が送られてきますので、ぜひご登録をお願い致します。

 

 

Uenishi整体院は地下鉄御堂筋線本町駅から徒歩2分、淀屋橋駅から徒歩5分、心斎橋駅から徒歩10分の好立地にあります。

当院は骨格のゆがみを正すことに特化した整体院で、骨盤矯正、姿勢矯正、骨盤ダイエットなどを行なっています。

また、、睡眠障害、むくみ、低体温症、冷え性、自律神経疾患に対して自律神経や内臓の調整をしております。

・慢性の腰痛、膝の痛みを良くしたい
・骨盤矯正で姿勢を整えたい
・新陳代謝を上げてダイエットをしたい
・冷え性、むくみを根本改善したい
・睡眠障害をから解放されて、良い眠りにつきたい
・糖尿病や重度のアトピーを薬を使わず改善したい
・今の病院、整骨院、整体院の治療では満足していない

そのような方は、ぜひ一度当院の施術を受けに来てください。

延べ45000人の施術経験があなたのお役に立ちます。

コメント