膝が痛い人の間違った認識とは??

膝の痛み

こんにちは。
大阪市心斎橋で骨盤矯正、
骨盤ダイエット整体院を運営している
鍼灸整骨院リボン院長の上西です。

今回のテーマは
「膝が痛い人の間違った認識とは??」
についてお話していきたいと思います。

 

 

昔からなんとなく膝は痛かったけど
大したことなかったから放っておいたら
最近になってひどく痛い。

仕方なく整形外科にいったら
「膝に水がたまってる」と言われ注射で
水を抜きヒアルロン酸を入れられた。

そして痛くなるたびに整形外科に通い
膝に溜まった水を抜くことを
繰り返している。

こんな人がとても多く感じます。

お尋ねします。
あなたは今このような考えを
お持ちでないでしょうか?

□膝の痛みは整形外科でないと取れない。

□ヒアルロン酸や水を抜くことで膝の痛みが治ると思っている。

□解決策が分からないからとりあえず今の治療を続けていく。

ひとつでも当てはまる方は
残念ながらその膝の痛みは
良くなる可能性は極めて低いでしょう。

そんなあなたに今日をきっかけに
考え方を変えていただきたいと思います。

そこで今回は、

  1. 股関節じゃなく足じゃなくなぜ膝が痛み出したのか?
  2. そして、なお今も痛み続けるのか?
  3. 膝の痛みの本当の原因は何なのか?

その理由を包み隠さずお話していきたいと思います。

まず本題に入る前に
ひとつ大切なことをお伝えします。

体を治すということの大前提で
とても大切なことです。
そしてこの考えが無いと
何をしてもうまくいきません。

ぜひ頭で理解するだけではなく
腑に落としてくださいね。

世の中はすべて
因果の法則で成り立っています。

すなわち原因と結果です。
結果には必ずその種となる
因子があるということ!!

だから結果を変えるには
その元となる因子を探し
見つけ出す努力が不可欠だ

と言うことです。

痛みの一時的な開放を得るために
現状にすがるか?

はたまた
永続的な開放を得るために
考え方を変えるのかはあなた次第です。

では本題に入りましょう。
少し長いですが
最後までお付き合いくださいね。

 

膝関節の特徴が長所にもリスクにもなりうる??

 

ぶつけたりひねったりした記憶がなく
何の心当たりもないのに急に膝が
痛いと訴え出す人が多いですが

ではなぜ股関節でもなく
足でもなく膝なのでしょうか?

これは構造的な理由があります。
詳しい構造を説明するとややこしく
なるのでここではやめておきますね。

膝は一般的には曲げ伸ばししかできない
ように思われていますよね?

しかし厳密には、わずかですが
ねじれたりスライドしたりできる
遊びのある関節なんです。

そもそもこれは膝が地面からの衝撃を
吸収するすばらしい仕組みなんですが

これは瞬間的な衝撃吸収の話であって
衝撃が持続的に続く場合そこに
負担がかかって壊れやすいという
リスクにもなりうるのです。

 

放っておくとますます悪くなる膝の内部

 

膝の中には関節がそれ以上動かないように
靭帯というひもで左右と真ん中を
止められています。

これがあるから屈伸運動しか
できないんですね。

そして骨と骨の間には半月板という
クッションが入っています。
関節の隙間を埋めるようなものです。

ある原因で膝にねじれやスライドなどの
動きがずっと起こっていると骨どおしが
石臼のように半月板をすりつぶします。

「半月板損傷」というやつですね。

しかし、
半月板は痛みの神経が通っていない
ので傷ついてもわかりません。

これがやっかい!!

半月板がない所は骨同士が摩擦し合います。
これが続くと変形を起こします。
皆さんよく聞きますよね?
「変形性膝関節症」という言葉。

医師に変形性膝関節症と診断されて
手術を勧められた方もいると思います。

このようにして膝の中で
ねじれやスライドの動きが
いつまでも続くとどんどん
壊れていくということになります。

 

痛みと腫れは悪化を阻止する唯一の生体防御機能

 

人間には悪化を阻止する
生態防御機能が備わっています。
それは痛みと腫れです。

「これ以上壊れるとまずい」と
体が判断すると痛みと腫れを出して
あなたに警告を出します。
両者は安静を意味します。

しかし病院に行くと注射器で
水を抜いてしまう、
痛み止めを処方する。

一時的には動きやすくなるから
又普通の生活に戻れるけど
これこそが悪化の一途を
たどっているのです。

 

膝の痛み、本当の原因は何なのか??

 

膝への持続的衝撃はじつは歩くときに
大きくかかります。

歩き方に問題があるとより負担が
多くかかるということですね。

たとえば股関節、足関節が固い人なんかは
歩いたり走ったりするときに
それが柔らかい人に比べてそれぞれが
正しい動きにならないことが多いです。

これは実際自覚できている人は
ほとんどいません。

そうなると膝関節で
動きの相殺が行なわれます。

膝関節に歩くたびに膝のねじれや
スライドが起こるのです。
まさに石臼現象ですね。

こんなことが日常生活で歩くたびに
常に起こっていたら、すぐには
何もおきませんが徐々に膝の中身は
壊れていくような気がしませんか?

すなわち原因は膝には無いということ!!

それ以外の関節
(骨盤や股関節、足の関節)に
何らかの動きの制限があって
それを補うために膝のねじれが起きて
壊れていくのです。

だからまずは歩行時に関係のある関節の
動きが正常かどうかをよい専門家に
確認してもらうことです。

『骨盤、股関節、足の関節』
膝が痛い人はそれらのどこかに
問題があることが多いんです。
これでお分かり頂けましたでしょうか?

この内容を見ても今までどおり
病院の治療を続けていきますか?

それとも今は大丈夫だから
このまま様子を見ますか??

世の中はすべて因果で成り立っています。
人間の体ももちろんそうです。

その考えの下で行動すれば
必ずいい結果に繋がると
私は信じています。

直感力を働かせて手遅れになる前に
軌道修正することを強くお勧めします。

 

施術メニュー

 

 

 

往診にも対応致します

仕事で忙しかったり、体が不自由で当院まで来ることができない方には、往診も対応しております。

往診施術受付地域
大阪市淀川区、北区、福島区、中央区、西区、浪速区、天王寺区

その他の地域で往診を希望される方はご相談ください。

※往診施術には施術料に別途往診料、交通費がかかります。詳しくはお問い合わせください。

 

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約は、こちらをタップすれば簡単に行えます。ご質問も承っておりますので、お気軽にどうぞ。

なお、施術中の際は電話に出れないことがあります。ご了承くださいませ。

その際はこちらから折り返し連絡をさせていただきます。

 

 

メールでもご予約、ご質問ができます。下のバナーをタップしていただければ、お問い合わせフォームに移動します。

 

 

LINE@でもご予約が可能です。また定期的に院長から最新の健康情報が送られてきますので、ぜひご登録をお願い致します。

 

 

Uenishi整体院は地下鉄御堂筋線本町駅から徒歩2分、淀屋橋駅から徒歩5分、心斎橋駅から徒歩10分の好立地にあります。

当院は骨格のゆがみを正すことに特化した整体院で、骨盤矯正、姿勢矯正、骨盤ダイエットなどを行なっています。

また、、睡眠障害、むくみ、低体温症、冷え性、自律神経疾患に対して自律神経や内臓の調整をしております。

・慢性の腰痛、膝の痛みを良くしたい
・骨盤矯正で姿勢を整えたい
・新陳代謝を上げてダイエットをしたい
・冷え性、むくみを根本改善したい
・睡眠障害をから解放されて、良い眠りにつきたい
・糖尿病や重度のアトピーを薬を使わず改善したい
・今の病院、整骨院、整体院の治療では満足していない

そのような方は、ぜひ一度当院の施術を受けに来てください。

延べ45000人の施術経験があなたのお役に立ちます。

コメント