膝を曲げると痛い60代女性が股関節を施術する事で改善したケース

正座する女性 膝の痛み

こんにちは。

大阪市中央区本町で慢性腰痛、
膝の痛み専門整体院を運営しているUenishi整体院院長の上西です。

今回のテーマは
『膝を曲げると痛い60代女性が
股関節を施術する事で改善したケース』
についてです。

膝が痛いという方のほとんどが勘違いされていることですが、膝関節を直接治療するだけではまず治りません。

例えば注射や湿布、膝関節周りのマッサージなどです。

これらを受けてきた人は体感でわかっていると思います。

しかし、あなたはその治療を長年続けてこられました。

それはお医者さんや治療家に自分の体をただ委ねてきたからではないでしょうか?

あなたはその治療法を心から納得して受けていますか?

もしそうでなければ、「なぜ、その治療をするのか?」という理由を明確にすることから始めましょう。

膝の痛みで長年お困りの方は
この記事をぜひ最後まで読んで見てください。

あなたの体が良くなるヒントが見つかるかもしれませんよ!

 

〈上西〉

こんにちは。
今日はどうされましたか?

 

〈膝を曲げると痛い患者様〉

はい。腰が軽いぎっくり腰になりまして。

介護の仕事をしているもので
立ち上がったり持ち上げたりする事が
多いのできついんですよ!!

 

〈上西〉

介護の仕事ですか。そりゃ大変ですね!!

いつからですか??

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

今朝からです。

 

〈上西〉

ぎっくり腰は今回が初めてですか?

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

いや、何度か起こしてます。

 

〈上西〉

以前にぎっくり腰を起こした時はどうしてたんですか?

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

近くのマッサージに行くか、家にある
コルセットをして
日にち薬でやっていました。

 

〈上西〉

それで何とかごまかしてきた
という感じですね。

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

はい。

 

〈上西〉

わかりました。

では早速診ていきましょう。

他にはどこか痛い所はありませんか?

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

はい。

もう何年も前から
膝がしゃがんだり
立ち上がったりする時に痛いんです。

 

〈上西〉

ほう、膝も痛いんですね。

どちらの膝ですか?

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

どっちも痛いんですけど
、どちらかというと右が痛いです。

 

〈上西〉

なるほど。右のほうがですね。

痛み出したのはいつごろからですか?

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

そうですね。

もう1年ほどになりますかね。

 

〈上西〉

1年ほどですか?

ここに来るまでに
治療はされていましたか?

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

はい。

今もですが整形外科に通っています。

 

〈上西〉

注射か何か??

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

そうですね。

痛み止めの注射を打ってもらっています。

 

〈上西〉

へーっ!?
もう満身創痍ですね。

よくそんな体で
介護の仕事続けられていますね。

ちょっと膝を見させてもらっていいですか?

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

はい。

 

〈上西〉

うつ伏せになってもらっていいですか?

 

検査中…。

 

〈上西〉

少し膝を曲げますよ!!

痛かったらおっしゃってください。

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

はい。

あっ、そのあたりで痛いです。

 

〈上西〉

この膝…。

このままにしていると
取り返しつかなくなりますよ!!

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

えっ!?

 

〈上西〉

「えっ!?」じゃないですよ!本当ですよ!!

あなたも分かってたはずですよ。ずいぶん前から。

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

ええ、まあ。。。

 

〈上西〉

今回のぎっくり腰といい
、以前からの膝の痛みといい
全部体からの悲鳴のサインです。

このまま無理して仕事を続けると、
今度は自分が介護される側に回りますよ!!

この機会にちゃんと治しませんか??

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

それだけは絶対に嫌です!!

分かりました。

 

〈上西〉

まず先に施術をしましょう。

それから最後に時間をとって
体の状態と原因の説明をしますから!!

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

はい、分かりました。

 

〈上西〉

膝は触らないですからね。

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

えっ??

はい。

 

施術中…。

 

〈上西〉

では改めてこの状態で(うつ伏せの状態のままで)膝を曲げてみますよ!!

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

はい。

あれっ!?そんなに痛くない??

 

〈上西〉

立ち上がって曲げ伸ばししてください。

(立ち上がって曲げ伸ばし中…)

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

えっ!?
来た時よりぜんぜんましです。

 

〈上西〉

腰は??

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

腰もずいぶん楽です。

でも、どうしてですか??

 

〈上西〉

はい。

では、一度座りましょうか?

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

はい。

〈上西〉

まず今回の症状の原因は、膝や腰ではなく
股関節にありました!!

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

股関節??

どうしてですか?

膝が悪いのでは??

 

〈上西〉

先ほども言ったとおり
、腰や膝の痛みというのは体からのサインで、今回のケースは
膝や腰が過度な負担を強いられて
痛みが出ているということだったんですよ!!

あなたの股関節の動きは
通常の人よりも動きがずいぶん悪い。

その動きの悪さのせいで、
歩いたり膝の曲げ伸ばしをする時に、
膝や腰で股関節の動きをかばうしかないんですよ。

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

何でそうなったんでしょうか?

 

〈上西〉

いまはそこまでは分からないですが
、それも探っていけば
何か原因があるでしょう。

今回は
股関節の動きを止めている原因の一つだった
、骨盤の歪みを取って
なおかつ股関節自体の動きも良くしました。

そうするだけで
勝手に膝や腰の負担は消えて
痛みが取れたりするんですよ!!

 

〈膝を曲げると痛い介護職の患者様〉

へーっ!?知らなかったです。

私何のためにずっと整形外科に通ってたんだろう?

早く先生のところに来てればよかった。。。

 

〈上西〉

膝が
手遅れにならなかったことを喜びましょう。

でも今回を機に自身の体と
しっかり向き合ったほうがいいですね。

体が自由に動くから
やりたい事やお仕事が出来るので、その前提をまず深く理解をすることです。

これからもう少し
自分の体に目を向けてあげましょうね。

 

とここまでが患者さんとのやり取りです。

この方は、介護の仕事に一生懸命で、自分の体や将来のことにしっかりと目を向けることをしてきませんでした。

でも他人事ではありませんよ!!

このような方、結構多いんです。

見てみぬふりをしているうちに、
体の中ではどんどん
取り返しのつかないことになっているかも。

痛みが出て気づいたら
もう手遅れなんて事がないように
異変に気づいたらいち早く
専門家に委ねましょう。

自分が健康だから相手に施せるのです。

まずはご自身のより良い生活のために…。

コメント