立ちっぱなしで腰が痛くなる人の特徴

立ちっぱなしで腰が痛い女性 腰痛

こんばんは。

大阪本町で慢性腰痛、膝の痛み専門整体院Uenishi(うえにし)整体院院長の上西です。

 

✔︎長時間立っているだけでだんだん腰が痛くなってくる。

✔︎長く立っていられない。電車に乗るとすぐに空いている席を探してしまう。

✔︎立ちっぱなしの状況が続くと腰が抜けそうになってお尻や太もも、ふくらはぎまで痛くなってくる。

このように立っているだけなのになぜ腰が痛くなってしまうのでしょうか?

この時によく考えてしまいがちなのが、

筋肉が弱い、

筋肉が硬くなっている、

というような筋肉が原因で腰痛が起こるという考え方ですね。

これは間違いではないのですが、これでは立ちっぱなしで起こる腰痛を根本から治していくのは難しくなります。

では立ちっぱなしで腰痛が出る原因をもう少し突っ込んで考えてみましょう。

 

筋肉が硬くなるのはなぜなのか?

筋肉で体が支えられなくなるのはどうしてなのか?

ということです。

 

そのように考えていくと、立っている時の姿勢が一つのカギとなります。

そこで立ちっぱなしで腰痛が起こる方の立ち方や骨格を見ていくと、実はある共通点が見えてくるんです。

 

それは骨盤のゆがみと股関節の出っ張り、そして腰椎のねじれが共通してあることです。

まとめて言うと、骨格にゆがみがあるということ。

この骨格の歪みとねじれこそが、体の安定性を損なう根本原因となっているのです。

 

骨格はビルに例えると鉄骨、筋肉はセメント、コンクリートの役割に当たります。

では30階建てのマンションの付近で地盤沈下や地震が起こったことを想像してみて下さい。

地盤沈下や地震の影響で土地が傾くと、当然支柱であるマンションの鉄骨にひずみが起こります。

当初はまっすぐ立っていたのに土地の影響を受けてマンションが傾きますよね?

そんなマンションに住んでいられますか?無理ですよね。

もちろん立て直しをしてからでないと安心して住むことはできません。

鉄骨はそのままで、コンクリートやセメントで強度を上げて対処しましょうと言うことは絶対にあり得ません。

鉄骨が何より強度を保証する唯一のものなのですから当然です。

 

お分りいただけましたでしょうか?

骨格のゆがみやねじれがある事で安定感を失うと、筋肉がそれを補おうと必要以上に固くなります。

それによって腰に痛みが出るのです。

したがってマッサージやストレッチ、トレーニングで筋肉の状態を良くしようとしても、ゆがみがあるためにまた固くなってしまい何度も繰り返してしまいます。

人間の体も、まずは骨のゆがみとねじれを見つけてそれを治す事が重要で、筋肉は二次的な問題として起こってるという事が分かっていただけたかと思います。

このようなことで何年も立ちっぱなしで起こる腰痛でお悩みの方は、考え方を変えてみてはどうでしょうか?

①マッサージにずっと通い続けている。

②ストレッチやトレーニングをしても全く良くならない。

そして、

③左右で腰をひねると動きが大きい方と少ない方の差がある。

④腰まで膝を上げる足踏み運動で片側だけが上げづらい。

⑤反り腰の自覚がある

⑥猫背の自覚がある

こんな方は、まず骨盤や背骨にゆがみやねじれがある確率が非常に高いと思われます。

骨格を正しく整えてみてはいかがでしょうか?

あなたの体が大きく変わる可能性大ですよ!!

 

 

 

 

 

コメント